海外旅行に行くと気になるのがその国に夜遊び事情です。 せっかくの旅行だから冒険がてらナイトクラブに行ってみたいと思う人も少なくないのではないでしょうか。

そこで気になってくるのがその国の治安事情です。今回は日本からとっても遠いドバイのナイトクラブについて解説していきます。

ドバイの治安事情はどんな感じなのでしょうか。 おすすめのナイトクラブも一緒に紹介していきましょう。




1.ドバイの治安事情は東京より◎不法滞在者がかなり少ない

実は人口の約8割が外国人というドバイ、世界各国から移住してきているのが現状です。

shutterstock_534833011

しかし移住するといっても、そんなに簡単なことではありません。国際基準で見てもかなり厳しい入国審査が待っているからです。

例えばビザを取得する為には、会社がスポンサーであること、家族と住む為には一定の収入が必要であること、入国の際の健康診断をすること(HIV感染者は駄目)等、厳しい審査が行われていきます。

移住後であっても、離職すると1ヶ月以内に帰国しなければいけません。

例えば会社が出国当日までパスポートを保管し、空港で手渡し出国をしたことを見届けたりなど、会社側としても徹底した対策をとっています。

このことが不法滞在から起こりうる犯罪を未然に防ぐことへとつながっているのです。

2.旅行者を狙う危険事項

ドバイのある中東と聞くとテロに巻き込まれるのではないかと不安に思う人も多いでしょう。

しかしドバイは、それほど治安事情の悪い国ではなく、比較的女性一人でも生活することはできます。 とは言っても、旅行者や外国人を狙う犯罪があることも事実です。

そこで最低限身を守るルールを知っておきましょう。

例①市場ではスリに注意が必要

shutterstock_630865358

特にスーク(市場)やショッピングモール等の人の多い場所でのスリ、置き引き等の犯罪は多発しています。 対策としてはバックのチャックはちゃんと閉め、持ち物は机や椅子の上に置いたりしないようにすることが肝心です。

例②女性の肌の露出は配慮が必要

女性は肌の出し過ぎに注意!ドバイはイスラム教の国の中では珍しく外国人女性の自由な服装が認められてはいます。

現地の女性は宗教上肌を出してはいません。

shutterstock_418409467

しかし、あまり大胆に肌を露出しすぎると、痴漢やレイプ等の性犯罪に巻き込まれる可能性もないとは言えません。

旅行者しかいないリゾートホテル内ではともかく、普通に街中を歩く時はノースリーブやミニスカート等は禁止されていることが多いので配慮をしましょう。

もしも過度にボディタッチをされた場合は、「触らないで」ときっぱり否定する態度を主張することも大切です。

例③タクシーが不安ならウーバー利用を検討する

タクシーを利用した時、何も知らない観光客だと思ってワザと遠回りして高額な料金を請求してくる悪質な運転手がいます。

shutterstock_556142836

そうでなくても外国人運転手の場合、純粋に目的地までのルートがわからないケースもありますので、乗車前に確認することが大切です。

英語に自信がない場合は、ウーバーを利用しましょう。ウーバーとは、国際的に展開している配車サービス。料金はクレジットの後払いで財布を出す必要もありません。運転手の素性もわかるのでかなり安心。

  • 金額をふっかけられる
  • 知らない場所へ連れて行かれる
  • 不正なルートを使用される
  • 身の危険を感じる

など海外のタクシーに起こりうるあらゆる不安要素を回避できます。

英語の苦手な日本人にはオペレーションは現地のタクシーよりはるかに高いのでおすすめですよ。

ウーバー公式サイトはこちら

例④人通りのない夜道は避ける

ドバイの日中の気温は24度〜40度、うって変わって夜の気温は、15度から30度。

夜のドバイは気温が下がり活動しやすくなるせいもあるのか、想像以上に人が沢山活動しています。

shutterstock_604853498

夜の11時や12時頃に、ドバイモールに子供連れで買い物や食事をしている人もおります。

大きい通りであれば夜でも比較的安全に歩くことが出来ますが、人通りの少ない裏道は、無防備で歩くことは絶対に避けましょう。

例⑤イスラム教で飲酒は禁止事項、酔ったまま外に出るのもNG

皆さんはイスラム教のルールで飲酒は禁じられていることをご存知でしょうか。

ドバイはイスラム教徒の国、アルコールのライセンスを持った場所以外での飲酒は厳禁になっています。

shutterstock_585300236

ライセンスを持つホテルのレストランではお酒を飲めますが、公共の場やビーチ等でお酒を飲んだり、酔ったまま外に出ることは罰金・投獄の対象になるので十分注意しないといけません。

旅行中はつい舞い上がってしまいがちですが、『知らなかった』では許されないので気をつけてくださいね。

これらの危険事項を踏まえドバイでおすすめのナイトクラブを紹介します。

3.ドバイの夜を満喫!おすすめナイトクラブ3選

 優雅な食事と本格的なショーを楽しめるカヴァリ・クラブ(Cavalli Club)

Cavalli Clubは、ファッションブランド「ロベルト・カヴァリ」がプロデュースしたラグジュアリーなクラブです。

21742926_1508168495907888_928202060221753631_n

出典:Cavalli Club Facebook

黒水晶がちりばめられたフロアに、6mのスワロフスキー・クリスタルが豪華絢爛さを更に演出しています。 入場する為にはドレスコードがあるので、女性であればヒールにワンピースドレス。

夜も更けてくるにつれて音楽がガンガンなりだし、DJと共にクラブミュージックを楽しむことが出来ます。

カヴァリ・クラブ・ドバイ

場所:The Fairmont Dubai, Sheikh Zayed Road 
ワールド・トレード・センター駅から徒歩2分「フェアモント・ドバイ」内
営業時間:20時30分~3時00分
予約できる

ビーチ沿いにあるバラスティビーチバー(Barasti Beach)

ドバイに住んでいる人なら1度は訪れたことがあるのでは・・と言われる位有名なドバイ最大のビーチクラブです。

 

Weekend vibes! Credits: @ekaterina_serykh #barasti #barastibeach #barastibeachbar #barastidubai #dubai #mydubai #bar #beachbar

Barasti Beachさん(@barastibeach)がシェアした投稿 –

昼はビーチ沿いでのんびり遊ぶことができ、夜はクラブへと大変身、オープンエアのダンスフロアで楽しむことができます。 大ステージではロックコンサート、砂浜ステージではDJによるテクノミュージック等を楽しむことができます。

バーエリアではオリジナルカクテル等、揃えているお酒の種類も多く、フードメニューも豊富に用意されているので、夕飯がてら訪れるのもおすすめです。

サッカー等のスポーツ観戦を楽しめるようになっているので混雑する時も多いのですが、ドレスコードもないのでカジュアルに楽しめるクラブになっています。 まるで不夜城の様に輝くドバイの摩天楼の夜景をバックに、ノリノリの夜を楽しんでみては如何でしょうか。

バラスティビーチ

場所:ルメリディアンミナセヤヒビーチリゾート&マリーナ、ドバイマリーナPO Box 213084

営業時間:
土曜日〜 水曜日11:AM ~ 1:30AM
土曜日-曜日水着| フードサービス 12 PM-12:30AM
木曜日と金曜日の午前 11時〜午後
曜日とか木金曜日| フードサービス 12 PM-12:30AM

ゼロ・グラビティ・ビーチ・クラブ(Zero Gravity)

プライベートビーチがあるレストランで、夜はクラブへと変わります。

 

Are you ready for the weekend? 😎 #zerogravitydubai #beach #pool #club #daytonight #dubai #mydubai

Zero Gravity Dubaiさん(@zerogravitydubai)がシェアした投稿 –

食べ物や飲み物のメニューも充実しており、お洒落な空間でハウスミュージックを楽しむことが出来ます。 昼はビーチサイドで過ごした後、夜はパーティ気分を味わう等、1日過ごしても飽きません。

スタッフのサービスも良いのもポイントの一つです。 火曜日はレディースディになっているので、女性にも安心おすすめのクラブです。

ゼロ・グラビティ・ビーチ・クラブ

場所:Dubai Marina, Skydive Dubai Drop Zone, Al Sufouh Road – Dubai 

4.まとめ

せっかくのドバイを楽しむにはトラブルを回避する知識を得ておきましょう、クラブでその場で会った人にお酒をおごってもらう時は、必ずバーで準備されているところを確認するようにしましょう。 何故なら知らず知らずのうちにドラッグを入れられる危険性もあるからです。

また女性で露出が多い服装の時は、単独行動は避けなるべくタクシーなどの乗り物移動するようにしましょう。 ナイトクラブの殆どが、午前3時までの営業になっています。 ドバイでのアラビアンナイトを思う存分楽しんでくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket