パレートの法則」という言葉を耳にしたことはありますか?

パレートの法則とは、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した法則のこと。経済活動において全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという説のことで、「80:20の法則」、「2:8の法則」と呼ばれることもあります。

ビジネスはもちろん、プライベートや人生そのものを劇的に変えるかもしれないパレートの法則。ぜひチェックして、セルフマネジメントに活用してください。

目次




1.パレートの法則とは

まずはパレートの法則がどういうものなのかを理解するところから始めましょう。

1-1.パレートの法則の概要

パレートの法則とは、1986年にイタリアの経済学者 ヴィルフレド・パレート(Vilfredo Federico Damaso Pareto)が論文で提唱した、「物事を構成する要素が全体に占める割合はかたよりがあり、複数要素のうち一部で全量の大部分の割合が占められている」という考えのこと。

具体的には、社会全体の上位2割の(富裕層)が世の中の富の8割を保有しており、逆に8割の低所得者層は社会全体の富の2割しか占めていないと言われています(「8割」や「2割」といったキーワードから、「80:20の法則」、「2:8の法則」と呼ばれることも)。

売上の80%を生み出しているのは、20%の顧客だという考えのもとになった法則です。

1-2.パレートの法則があてはまるシーン 

概要だけ説明されてもピンとこないかもしれませんね。しかし、じつはパレートの法則はさまざまなシーンにあてはまると言われています。パレートの法則があてはまるというシーンを書き出してみましょう。

  • 商品の売上の8割は、全商品のうち2割の銘柄が生み出している。
  • 企業の売上の8割は、全体の2割の顧客が生み出している。
  • 企業の売上の8割は、全従業員のうちの2割の従業員で生み出している。
  • 仕事の成果の8割は、費やした時間全体の2割の時間で生み出している。
  • 機械の故障の8割は、全部品のうち2割の部品に原因がある。
  • 所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。
  • 離婚件数の8割を、離婚経験者2割が占めている。
  • 試験問題の8割が、その学科に関する2割の知識で答えられる。
  • 文章で使われる単語の8割は、全単語数の2割に当たる数の単語である。
  • 都市の交通量の8割は、都市全体の道路の2割に集中している。
  • ソフトウェア利用者のうち8割は、全機能のうち2割しか使わない。
  • 物事の本質の8割は、2割を見ればわかる。
  • 100匹のアリのうち、よく働くのは2割だけ。

などなど。

いかがでしょう? 意識したことはなくても、「言われてみればそうかも…」という気分になってきませんか。「パレートの法則」は、私たちの生活のさまざまなシーンに存在している概念です。

1-3.完璧主義者は受け入れがたい法則? 

パレートの法則について理解を深めていく前に知っておきたいこと。それは「何事も完璧を目指したい」「テストは100点を取らなければ人間じゃない」くらいの完璧主義者の方にとっては受け入れがたい法則だということです。

完璧主義者の方は、ありとあらゆる手を尽くして100%を目指そうとします。でも、いくら完璧だと思っていても何かしらのミスや綻びはあるもの。どれだけ努力しても95%、もしくは90%で着地するのが関の山かもしれません。

かたやでパレートの法則の考え方を応用すれば、全体の2割に力を注ぐことで80%の成果を残すことができます。死力を尽くして完璧だと思って手に入れた90%と、2割の努力で手に入れた80%… あなたはどちらが効率的だと考えますか?

1-4.パレートの法則には「先」がある!? 

パレートの法則は「80:20の法則」ですが、じつはその先があります。それが「96:4の法則」です。これまでにご紹介したケースをもう一度振り返ってみてください。

たとえば、「仕事の成果の8割は、費やした時間全体の2割の時間で生み出している」で考えてみましょう。

たしかに仕事の成果の8割は費やした時間全体の2割の時間で生み出しているかもしれない。でも、成果につながるきっかけ(仕事のコツをつかんだ、誰かに的確なアドバイスをもらったなど)となったのはその2割の時間のなかのさらに2割。つまり全体を100としたときの4にすぎないとされています。

あなたの会社に、それほど忙しそうにしているわけでもないのにキッチリ成果をあげる営業はいませんか? その人は「96:4の法則」をビジネスに応用できているのかもしれません。

2.さまざまなシーンにおけるパレートの法則 

概要がわかったところで、次はパレートの法則を知っていると何がいいのかをご説明しましょう。

結論からお伝えすると、「効率化しやすくなる」というのが最大のメリットです。パレートの法則を活用すれば、短い時間、安い費用で高い効果を実現しやすくなるといわれています。

果たしてどういうことなのでしょうか。具体例とともに解説していきます。

2-1.パレートの法則の応用 −経営・組織改善編

まずは経営や組織の面から見ていきましょう。さきほどご紹介したシーンだと、

  • 企業の売上の8割は、全従業員のうちの2割の従業員で生み出している。
  • 仕事の成果の8割は、費やした時間全体の2割の時間で生み出している。

あたりが当てはまりそうですよね。たった2割の人員・時間が、企業の経営の大部分を支えているということになります。

もしあなたが経営者やマネジメント職だった場合、その2割に該当する人員・時間をしっかり見極めることが重要です。その2割が最大限に成果を生み出せるよう、環境整備をすべきです。企業に勤めている方、つまりマネジメントされる側の方は、全従業員のうち自分がどのレイヤーにいるのかを把握し、2割に食い込む努力をする必要があるでしょう。

とは言っても、残りの8割が必要ないわけではありません。「構成要素にかたよりがある」というのがパレートの法則ですので、仮に8割を削ってみると、成果を出していたはずの2割がさらに8:2に分かれることになります。

「成果を出していない8割は解雇!」などと安直な考えに至らないようご注意を。

2-2.パレートの法則の応用 −営業・マーケティング編

続いては、営業やマーケティングの領域でのパレートの法則を見ていきましょう。さきほどご紹介したシーン例ですと、

  • 商品の売上の8割は、全商品のうち2割の銘柄が生み出している。
  • 売上の8割は、全体の2割の顧客が生み出している。

などが該当するのではないでしょうか。営業・マーケティングの具体的な施策としては、

  • 売上の8割を占める2割の製品に販売努力を集中する。
  • 売上の2割を支えている顧客に、営業時間の大半を使う。
  • 売上の8割を占める2割の製品を多く売った営業人材を厚遇する。

などが該当するといえそうです。

極論、大量に購入してくれる少数の顧客のために費やす時間を増やして、それ以外の顧客に費やす時間を減らす(訪問するのではなく、電話やメールで済ませるなど)。その代わり、顧客からしっかりと支持されるサービスを開発するための時間を増やす。そのくらいのスタンスで取り組むことが重要だといえます。

また、過去に大量に発注してくれた顧客には、たとえ期間が空いたとしても営業人材が足を運んで商談を行なうことが効果的だとも言われています。

2-3.パレートの法則の応用 −WEBサイト運営編

次に、WEBサイトでのパレートの法則を考えてみましょう。さきほどの事例をもとに考えてみると、

  • ソフトウェア利用者のうち8割は、全機能のうち2割しか使わない。

あたりが近そうです。

もしあなたがWEBサイトを運営していたとしたら何を願うか。その指標の一つがPV(ページビュー)なのではないでしょうか。

でも、もしPVが伸びないからといってWEBサイト全体をドラスティックにリニューアルするのはキケン。莫大な費用を投下してリニューアルしたところで、パレートの法則に基づいて考えれば、WEBサイトのPVの8割は全体のたった2割のコンテンツによって成り立っているわけです。

であれば、すでにPVを獲得できている2割のコンテンツを特定し、より多くの人に見てもらえるように SNSやSEOを駆使して露出を増やしたり、類似のコンテンツを配信していくような仕組みを導入していくほうが効率的です。

「効果が出ていないから」とすべてにテコ入れするのではなく、効果につながっているところに目を向けて、コツコツと改善していくことがポイントだといえるでしょう。  

2-4.パレートの法則の応用 −Youtuber編

ここ数年「動画元年」と言われ続けており、プロモーションの手法として動画への注目が高まっています。実際にYoutuberとして活躍している人も増えてきていますよね。

「いっちょ動画チャンネルでも立ち上げるか!」と思ったあなた。動画ビジネスにもパレートの法則が当てはまりますので、まずはそこに着目してみましょう。

先ほどご紹介したシーン例だと、

  • 企業の売上の8割は、全従業員のうちの2割の従業員で生み出している。

が近いでしょうか。

Youtuberの作品としてYoutube上で視聴されているものの8割は、全Youtuberの2割程度。きちんと生計を立てられているのはそのさらに2割程度だといえるでしょう(「96:4の法則」)。やみくもに手を出して“当たる”ほど甘い世界ではないということです。

しかし、逆にきちんと視聴されている動画を配信している2割のYoutuberとタッグを組むことができれば、動画ブームにうまく乗っかることができそうですね。

いかがでしょうか? 極端な話かもしれませんが、ポイントさえつかめば仮に2割の力しか発揮しなかったとしても、8割の結果を生むことができます。パレートの法則を知っていたほうが、さまざまな面で効率的だという感覚がつかめてきたのではないでしょうか。

2-5.パレートの法則の応用方法まとめ 

パレートの法則をビジネスなどのシーンで活かすためには、まずはパレートの法則において2割を占める要素を探し、そこに集中的に資源を投下します。

何度も例に挙げている営業シーンで例えるなら、まずは売上上位2割の商品や、売上上位2割の顧客に着目する。そして、そこに時間・人員・コストなどを集中投下する営業戦略を立てる。そうすることで、8割の成果を生み出すことができます。

すべてに10割の力を注ぐより、2割の力で8割を目指す。これがパレートの法則の活かし方の基本だといえるでしょう。

3.パレートの法則を駆使して稼ぐ方法 

パレートの法則についての理解は深まったでしょうか? それでは続いて、パレートの法則を駆使して実生活で稼いでいく方法についてご紹介します。

今回ご紹介するのは、最近副業のひとつとして気軽に始める人も増えてきた飲食店経営においてパレートの法則を駆使して稼いでいく方法です。

3-1.エッジの効いた店舗コンセプトを考えてみる 

もしあなたが長年の夢である飲食店のオーナーになったとしたら、何をしますか?

まず考えるのは、コンセプト。何を提供する飲食店にするかを決めると思います。一般的に流行るお店にしようとするなら、子どもからお年寄りまでいろんなメニューを食べられて、値段も手頃で、アクセスがよくて…などでしょうか。

しかし、本気で稼ごうと思っているのなら、「浅く広く」ではなく「深く狭い」コンセプトで攻めていくのがひとつの成功の近道です。

なぜか? パレートの法則に基づくと、店舗の売上の8割は全体の2割のお客によって構成されます。その2割のお客たちの心に“刺さる”エッジの効いたコンセプトであれば、彼ら・彼女らはあなたの飲食店のファンになります。

最近ではパクチー料理専門店や納豆料理専門店、唐辛子料理専門店なども増えてきました。ある意味で中毒性の高い食材を扱うことで、その食材が好きで好きでたまらない層のハートをわしづかみにしているわけです。また、扱う食材を絞り込むことで原価を抑えることにもつながります。

3-2.自分の時給を高める 

いよいよお店がオープン! さてあなたは何をしますか?

自ら店頭に立って接客したり、厨房で料理したり…? もちろん最初は大事です。でも、いつまでもオーナーが現場に出ているような飲食店では、生活資金は賄えても飛躍的に稼ぐことはできません。

なぜか? そう、そこでパレートの法則です。

あなたが経営する飲食店の売上の8割は全体の2割のお客によって成り立っています。オーナーであるあなたがすべてのお客の接客や調理を担当しているということは、効率的とはいえません。全体の8割のお客は、アルバイトなどを雇って彼ら・彼女らに接客してもらうのが一番です。

「人件費がかかるのは避けたい…」と思うかもしれませんが、先行投資だと思って、あなたは2割のお客(常連など)への接客やサービスに力を注ぐべきだと言えるでしょう。カンタンな仕事はアルバイトに任せ、あなたは常連さんが好む料理やお酒などを用意して、とにかく客単価のアップに努めてください。

その際に意識すべきは自分の時給。実際いくらくらい稼げているのかを常に念頭に置きながら、サービスに取り組むことが重要です。すぐには結果が出ないかもしれませんが、きっと数年後に「常連の接客に注力してよかった」と思える成果が表れるでしょう。

ただし、アルバイトのなかには「なぜオーナーは自分で動いてくれないんだ」と不満を抱く人がいるかもしれません。時給やコミュニケーションなどで協力してもらえる関係性を築くことも重要だと言えるでしょう。

3-3.スタッフの能力を最大限に活用するために 

売上が伸びてきたらどうしますか? 忙しくなってきたら、やはりスタッフを増やすという選択肢を考えるのではないでしょうか。

その際も、スタッフの能力をきちんと見極めて適材適所の配置を考えることが重要です。

「自分がいついなくなってもいいように」という視点で、スタッフにあれもこれもと仕事を任せたくなる気持ちはわかります。しかし、それではスタッフは能力を有効活用しているとは言い難い。やみくもに仕事を任せたところで、スタッフはエネルギーを消費してしまい、疲弊していくだけです。

接客が得意な人には接客、調理が得意な人には調理、経理が得意な人には経理…というふうに、店舗運営全体の業務のなかではそれぞれ2割程度でしかありませんが、そこに全力で取り組んでもらうことで高い成果が売上に跳ね返ってくるでしょう。

そうなると厳選して採用したいところですが、一度に大勢雇って2ヶ月程度働いてもらい、適性を見極めるのも手。そのなかで上位の人だけを継続的に採用します。シビアなようですが、これも効率的に高い成果を残す(稼ぐ)ためには考えておきたいポイントです。

3-4.ある意味で“非情”にならなければいけない場面も 

飲食店経営を例にパレートの法則活用方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか。

パレートの法則を活用するということは、どうしても選択と集中を迫られる場面があるということ。周りから要望の声があったとしても、すべてに耳を傾けることはできません。

ある意味で“非情”にならなければいけない場面もあるということを頭に入れておいてください。

4.パレートの法則を私生活で有効活用する方法 

本章では、パレートの法則を日常生活で応用していく方法をご紹介します。まずは日常生活で欠かせない「掃除」を例に考えてみましょう。 

4-1. 満点は目指さない 

基本的な考え方は、「目標を80点にし、2割の時間と体力でやる」です。

テレビ朝日系列で放送されている「ロンドンハーツ」という番組をご存知ですか? お笑い芸人ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが、女性芸能人の自宅へ訪問し、彼女たちの女子力をチェックするというコーナーがあります。

田村さんが細かい部分(エアコンのフィルター、シャンプーの容器の底など)の清潔さを非常にこまめにチェックするのですが、そういう細かい部分が丁寧に掃除できている女性芸能人は「女子力が高い」という評価になります。逆に床や廊下といった住居の多くを占める場所へのチェックはそれほど厳しいものではありません。

これをパレートの法則に当てはめると、全体の2割ほどの細かい部分の掃除に力を注げば、80点を獲得することができる、というわけです。

ただし、せっかく目標を80点に置いても、達成するために2割上の時間と体力を使ってしまっては意味がありません。何がなんでも2割の時間と体力で80点の結果を出すんだという気持ちが大事。そのためには、便利なツールを活用したり誰かの手を借りたりすることも重要です。

2割の力で80点が取れるようになれば、残りの時間と体力を掃除以外に費やすことができるようになります。

4-2.コミュニケーションへの応用 

たとえば、家族・友人・恋人などに対して、自分の要求を通したい場合。

何もかも100%通そうとして喧嘩になることはありませんか? そうなれば、自分の要求を通すことができないどころか、関係性も悪くなってしまいます。時間も体力も要します。

しかし、パレートの法則に基づいて80点を目指していたらどうでしょう。「ここまでは要求を飲んでくれたから、残りは相手の言う通りにしよう」と思えます。「2割以上の時間と体力を使ってまで通すべき要求なのか?」と考え改めることもできます。

満点を目指さないことで、ムダな争いを避けられ、時間や体力や人間関係を損なわずに済むというわけです。

4-3.気をつけたいこと 

最小限の労力で最大限の成果を生み出し、効率的に生きていく。そのためのセルフマネジメント方法として、パレートの法則は非常に有効です。

ただし、人生のすべての物事にパレートの法則を当てはめるのは、あまりおすすめしません。あくまでも、「自分が本当に成し遂げたい物事のために、その他の部分のムダを排除する」という考え方がいいでしょう。

何事も8割を目指すような人は、プロフェッショナルの分野では大成しません。プロスポーツ選手を思い浮かべてみてください。プロたちは、他の人が立ち入れない「あと20点で満点」という領域に労力をつぎ込み、トップを守ることでプロとして存在しています。

もしあなたが今の仕事をプロとして極めていくのなら。そのための土台づくりとしてパレートの法則を活用するのは有効です。が、その先はぜひ満点を目指してください。パレートの法則の活用によって生まれる時間や体力の余裕を、自身のさらなるレベルアップに活かしていただければと思います。

5.おすすめの本 

最後に、パレートの法則への理解を深めるうえでぜひ読んでおきたい本をご紹介します。

■新版 人生を変える80対20の法則|リチャード・コッチ (著)

パレートの法則、すなわち80:20の法則を、ビジネスから人生に当てはめる方法を指南した一冊。著者の言葉を借りれば、「万物の大半はほとんど価値がなく、ほとんど成果を生まない。 少数のものだけが非常に役立ち、大きな影響力をもつ」。このことを知っているか否かで、仕事のやり方や人生の充実度も大きく変わってくるということが記されています。24ヵ国語に翻訳された、 世界的ベストセラーといっても過言ではありません。

■80対20の法則|ポール・マクナーニ (著)、Paul McInerney (原著)

パレートの法則についてもう少し詳しくなりたいという方向けの入門編。パレートの法則を使えば、いままでよりはるかに少ない努力で、今までよりはるかに大きな成果を確実に上げることができる理由や手順が書かれている一冊です。公私ともに最高の結果を残すためには何をすればいいのか。そのヒントが詰まっています。

■80対20の法則を覆すロングテールの法則|菅谷義博 (著)

ロングテールの法則とは、パレートの法則を覆す現象のこと。これからは「売れない」とされてきた8割、つまり「ロングテール」こそが、「売れる2割」を超える売上をもたらすという視点でまとめられています。パレートの法則への理解を深めるうえで、全く逆の切り口からのアプローチを知ることは有効だといえるでしょう。

■達成の科学――確実にゴールへ導くステップ・バイ・ステップの招待状|マイケル・ボルダック (著)、吉田裕澄 (翻訳)、高野内謙伍 (翻訳)

仕事・お金・恋愛・人間関係・健康・ダイエット… あらゆる個人の願望を実現するスキルとして、パレートの法則が紹介されています。パレートの法則が「科学的」と呼ばれる理由は何か? 他の人にも再現可能なポイントは? など、これまで1000人以上をコーチングした著者の活動をまとめた一冊です。

6.まとめ

パレートの法則についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

限られた時間の中で成果を出さなければならないシーンが多い現代において、知っていて損はない概念といえるのではないでしょうか。

まずは目の前の仕事や新規事業、プライベートなどで、パレートの法則を活用してみてください。そして、そこで生まれた時間的・体力的・経済的余裕を、じっくり取り組みたいことに費やしてください。パレートの法則があなたの人生そのものを豊かにすることを願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket