自分の強みとは何だろう?

アルバイトの面接や就職活動、友人の成功を聞いた時や、自分の価値がわからなくなってしまった時など、誰でも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

自分の強みを把握することで、自信がつき、自分の道を把握、決定することも可能になるかもしれません。

また、自分が弱みだと思っている部分にこそ、実はキーワードが隠れていたりします。

では、自分自身の強みや弱みを理解するためには、どのようなプロセスを踏めばよいのでしょうか。
当記事では、あなただけの強みの見つけ方と活かし方をご紹介いたします。

これらの情報を参考にしてぜひ自分自身と向き合ってみてください。




1.自分の強み診断

まずは、自身の性格を振り返ってみることが大切です。以下の項目と自分を照らしあわせて、強みや弱みを見つけるための糸口を掴みましょう。

  • 問題に対して積極的な解決行動を取る
  • 大体において冷静である
  • 友人が多いと思う、オープンである
  • いろいろ挑戦する方だ ・ 常に公平でありたい
  • 学習欲がある ・ ポジティブである
  • アレンジを加えるのが好きだ
  • ルールはきちんと守る
  • 競うことが好きだ
  • 自分はチームプレイである
  • 自分の弱みがわかっている

2.自分の強みと向き合う方法

2-1.強みがひとつもない人はいない

自分は「強みが一つもない」と思う人は、自分の弱点に目をむけてはいかがでしょう。

結局のところ、強みをまだ見つけていないだけで、「いつ」それに気付くかがとても大切になります。

つまり、「強みが一つもない人」などはいません。

しかしながら自己啓発を重ねてそれに気付ける人がいる一方で、見つけ方がわからないという人も多くいるでしょう。

そんな人達は自分の価値がわからず、どこか焦燥にかられる日々の中、不安に包まれ、自分の存在意義がわからなくなってしまいます。

強みというものは実際、得意なところからだけではなく、その真逆から生まれることもあるのではないでしょうか。

2-2.強みを活かせる道を考える

自分の強みを知れば、自身の力つまり既に持っているもの、潜在的なものを最大限に発揮することができます。

では自分の強みを正確に把握する際に何が必要なのでしょうか。

大前提として、自分のことを認めることが何より重要になってきます。

自分の弱点を、別視点から見つめ直して強みへ変化させることは可能ですが、全ての弱点をその方法で克服することはできません。

例えば人と話す時にうまく話せない人は、思慮深いと捉えることもできますが、うまく話せるようになるまでに、少なくない時間と努力を有することになります。

しかし、もしその人がとても几帳面で細かい作業が好きなのであれば、事務系の仕事で、通常の人よりも遥かに大きな力を発揮することができます。

この人は営業はできなくとも、事務処理でならあらゆる場所で貢献することができるのです。つまり自分の性格が、どの道に活かせるのかを、現状分析をふまえて考えることが必要なのです。

2-3.強みを洗練させていくには

強みの刃を磨くには、いくつかのステップが必要になってきます。それは、大きく分けて3ステップに分けられます。

  1. 自分の強みだと思うところをリストアップする
  2. それは自分の好みにつながっているかを確認する
  3. 強みは資質であり、どれを伸ばすことに楽しみを感じるかを考える

強みが無い人はいません。しかし形の見えない強みは現状、資質であり、これから「自分で伸ばしていかなければいけないところ」になります。

まずは資質をリストアップし、自分が好きかどうかを確認します。

例えば、強みが「整理が上手いこと」であれば、それが好きなのかを考えます。

それが単なる事実であれば、子どもの特技と同じです。

自身の能力を伸ばすには、それを伸ばす努力を惜しまない愛情が根本にないといけません。

楽しみながら強みを伸ばせれば、通常よりも早く成長できることでしょう。

3.弱みは強みになる

弱みを強みに変えるには、それを別の視点に置き換えることが重要です。

「リフレーミング」という、魔法の言葉をご存知でしょうか。

これは一つの視点を、別の視点で捉えてみるポジティブな言葉の変換のことです。

例えば「諦めが悪い」という言葉を、リフレーミングを使って変えてみると、「一途で最後までやり通すことができる」となります。

強みがわからない人ほど、自分の弱みには敏感なものです。

その弱みをまずはリストアップし、リフレーミングを使ってブラッシュアップしてみてはいかがでしょう。

しかしながら、リフレーミングだけでは、安心を得てそれで終わりになってしまうこともあります。

だからこそ言い換えた言葉の中から、「これはまさに自分のことだ」というものを抜き出し、次はそれをどう活かすかを考えることが大切になってきます。

4.あなたの強みが活きるキャリア

ここでは、各強みに向いた職業を紹介します。強みと、各性格につながるところが多くなります。

その性格によって、仕事の中でも向き不向きがあり、一つの性格がわかれば、おのずとその逆の性格の人も、自分のそれがわかるようになります。

楽観的なあなたに向いているキャリア

自分の強みが楽観的である人は、ものごとを希望的観測で見ることができるので、新しいものを見つける仕事、学術系や専門分野の研究職などが向いているでしょう。

生真面目なあなたに向いているキャリア

生真面目な性格の人は、リスクマネジメントが巧みなこともあり、医療関係、そして会計士、税理士などのお金を扱う仕事に向いています。

社交的なあなたに向いているキャリア

社交的な性格の人は、どんな人物とも気兼ねなくコミュニケーションを交わせるので、チームで動く組織や、営業などの仕事で力を発揮するでしょう。

こだわりが強い性格のあなたに向いているキャリア

こだわりが強い人は、ものごとの正確性やスピードを重視できる傾向にあるので、事務職や技術職などでその強みを大いに発揮できるでしょう。

5.おすすめの本

『さあ、才能に目覚めよう』著|マーカス・バッキンガム

自分の強みに集中し人生を充実させていくのはもちろんです。そもそも弱みに時間を割いたとしてその効率性を考えさせられる一冊です。

あなたの人生において、弱みのない完璧な人間を目指して苦手なことをやりつづけることより、

強みが活きた個性的で特別な自分を目指すことの方がクリエイティブ力が磨かれることを教えられる書籍です。

『思考は現実化する』著|ナポレオン・ヒル

読者の多くを富の築きに成功させた本です。

事実、億単位で稼いだ人がこの本を原点としているケースが数多く知られ成功者の愛読書でもあるでしょう。

「思考は実現化する」の方法を理解し体感すればそのプロセスは現実世界で多く活用できあなたの成功を後押しします。

『あなたはどう見られているのか』著|サリー・ホッグスヘッド

米国フォーチュン500企業も採用した、自己診断情報が掲載されています。

人の目に自分がどう映っているかを知り職場などの人間関係を楽にする方法を使って仕事をうまくこなすメソットを使えばあなたの成果は倍になるでしょう。

人間のDNAの99.9%は他のみんなと同じであり、その0.1%の違いが、独自の価値でありあなたの最大の魅力です。

その違いを生かすことが社会のドングリの瀬比べから抜け出し傑出した存在になれるアイディアが与えられます。

『 一生食える強みのつくり方』著|掘場 英雄

ビジネスの世界では長らく、習得に1万時間(10年)を要する「プロスキル」が重視されてきました。

しかしこれからの時代には、2500時間(2.5年)という短時間で習得できる「プチスキル」が不可欠です。

「プチスキル」の選び方を「戦う土俵(仕事)」「戦う武器(スキル)」に分けて説明したうえで、その学び方を3ステップで紹介しています。

著作は「プチスキル」のかけ算でキャリアを築き上げてきた人物で実体験なので大いに活用できるでしょう。
そんな彼が指南する、競争と変化が激しいこれからの世界を生き抜く「新しい働き方」があなたの役に立つでしょう。

6.まとめ

自分の強みを知らない原因の根本には、ある種の不安が根付いている場合が多くあります。

というのも、自分の強みを知らない人は、「本当は強みなど、ないのではないか」と感じ、知ろうとすることから一歩身を引いてしまっているのではないでしょうか。

その一歩を踏み出すことで、自身の道が開け、進むべき方向が見えてくるはずです。

自己分析は人生分析にもつながり、強みを知ることは社会の中で戦う剣を握ることになります。

まずはその剣を握り、磨いていくことで、また新たな自分の強みが見えてきます。

そして弱みを強みで守るだけでなく、弱みも強みに変えることができたとしたら、さらに何本もの道が見えてくるでしょう。

自分を知る、そして伸ばす努力を惜しまずに進むことが、その先へと繋がる近道なのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket