「洗脳」と「マインドコントロール」は同じもの、あるいは「洗脳」の英訳が「マインドコントロール」だと思っている方、意外と多いのではないでしょうか。

実はこの2つは似て非なるものです。違いを簡単に説明すると、

  • 洗脳:虐待や拷問、違法薬物、電気ショックなど、暴力的手段を用いて相手の心を支配すること
  • マインドコントロール:心の隙に入り込み、情に訴えたり巧みな会話で相手の心を変えるよう導くこと

といったところでしょうか。大きく異なるのは、洗脳が暴力による強制的な心の変容を促すのに対し、マインドコントロールの方は、あたかも「自分がそうしたいから、する」といった自発的な心の変容を促す点です。

当然、どちらも本人の意思にお構いなく個人の主義主張を変えるものであり、悪用されるべき行為ではありません

事実、過去にも「洗脳」や「マインドコントロール」に絡む忌まわしき事件は枚挙に暇がないほど起きており、多くの人々の心(精神)や肉体(命)が犠牲となってきました。

この記事では、洗脳やマインドコントロールの生まれた経緯や歴史、そのメカニズムについて学んでいきます。全容を正しく知ることで、心理操作の活用法をも得てしまいましょう。




1.洗脳が引き起こした実際の事件 

そもそも、洗脳はどのようにして生まれたのでしょうか。

時は1950年代。朝鮮戦争で中国共産党の捕虜となった米兵が、続々と自ら共産主義者であることを宣言し始めたという出来事に端を発します。

背景にあったのは、中国共産党および軍による暴力的行為でした。尋問や拷問、時には薬物を使用し、捕虜米兵に対し共産主義を信じるよう迫ったとされています。

こうした一連の行為を中国共産党が「洗脳」と呼んでいたことが、のちに「暴力的手段を用いて相手の主義主張を変える」ことへの定義となったそうです。

それ以後繰り返し起きてしまった、洗脳による痛ましい事件の数々。宗教や芸能人が絡んでいたために過去に大きく報道され、まだ記憶に新しい出来事も多いかと思います。ごく一部ではありますが、この章で改めて振り返ってみましょう。

1-1. 宗教がらみの事件-オウム真理教

「坂本弁護士殺人事件」や「地下鉄サリン事件」など、数々の凶悪事件を犯し世間を震撼させた犯罪組織、オウム真理教。戦後史上最悪とも言えるテロ集団の始まりは、1984年に松本智津夫(通称:麻原彰晃)が設立したヨガ道場「オウムの会」でした。

発足から3年後の1987年、松本は同会を宗教団体「オウム真理教」に改組。それ以降、松本は信者獲得のためにあらゆる洗脳行為を開発していきます。

その代表的な例が“ヘッドギア”。信者の頭に電極付のヘッドギアを被せ、麻原の脳波を再現したと言われる電流を流していました。

他にも、LSDや覚醒剤といった違法薬物の使用や逆さ吊りなどのリンチ行為も日常的に行われており、こうした暴行を「修行」と嘯くことで相手に拒否の余地を与えず、大勢の信者の肉体と精神を蝕んでいきました。

1-2. 芸能人の洗脳報道-ホームオブハート

X-JAPANのボーカル・Toshi氏がマインドコントロールの支配下にあった、という報道で世間に名が広まった「ホームオブハート」。

大元は実業家の倉渕透氏が立ち上げた自己啓発系の会社だったのですが、セミナーの実態が徐々にカルト的なものに変わっていき、遂には犯罪集団として摘発されるに至った事件です。

ホームオブハートに捜査のメスが入ったのは2004年のこと。ホームオブハートを脱会した元会員からの告発により、栄養失調状態の子供一人を含む5人が匿われていたという幼児虐待の事実が明るみになりました。

子供が泣くことは親への執着の強さを意味するといった“教え”を持ち出し、無理やり親と子を引き離し、那須という都心から離れたセミナー施設で子供に虐待まがいの教育を行っていたということです。

このように、幼い子供に対し強制力をもって主義主張を刷り込むことも、れっきとした洗脳行為にあたります。

1-3. 民間人による洗脳-尼崎事件 

1987年頃に発生した女性失踪事件を発端に、主犯格とされる女性が死亡する2012年までの約25年にわたり兵庫県尼崎市南東部で相次いで発生した一連の事件。主に、暴行や監禁などの虐待による複数の不審死や失踪が確認されています。

この事件の大きな特徴は、書類送検された人物の中に被害者の子や姉妹といった親族が多く存在する点。捜査が進むにつれ、主犯女は血縁関係にない人物を多く集め、いわば「疑似家族」を築きながら共同生活を営んでいたことが発覚します。

主犯女はそれぞれの弱みにつけ込んで疑似家族を威圧的に支配。本来、自分の家族に手をかけることなど誰が進んでやるでしょうか。

しかしながら女に取り込まれた人々は親族間同士での暴力を強要されたり、飲食や睡眠を制限されるなど虐待され、追いつめられていきました。

こうして家族を精神的に「乗っ取られた」ことで、否応なく殺人事件に関与せざるをえなくなったと思われる人物も多く含まれているそうです。

2.洗脳とは何か 

これまでに紹介した事件が示している通り、洗脳とは、暴力的行為によって相手の精神を崩壊させ、自分の思うがままに心の変容を促すことです。目的は、相手を自分の支配下に置くことですが、そのための手段に暴力を用いることが大きな特徴。

ここで一つ注意しておきたいのが、暴力とは虐待やリンチといった肉体的攻撃のみならず、暴言、尋問などの言葉による圧力や違法薬物の投与なども含まれるということです。

したがって洗脳とは、本人の意思に関わらず強制的にそれまでのアイデンティティと決別し「新たな自己」を植え付けられることを指しています。

それでは、洗脳とマインドコントロールとは一体何が違うのでしょうか。

2-1. マインドコントロールとの違い

洗脳と異なり、マインドコントロールは手段に暴力は用いません。こちらはその名の通り、「マインド(心理)」を巧みに操作することによって、本人もコントロールされていると気付かないままに新しい人格にすり替えられてしまう技法です。

マインドコントロールという言葉が広く世に知れ渡ったのは1994年のこと。元・新体操選手の山崎浩子さんが、韓国の新興宗教団体「統一教会」に入信、失踪したという出来事が大きく報道されました。

のちに山崎さんは家族の懸命な説得を受けて脱会を遂げるのですが、その際の記者会見での「私はマインドコントロールされていた」という発言が、この言葉が初めて公共の電波に乗った瞬間だと言われています。

入信のきっかけとなったのは、その記者会見から遡ること5年前。当時、成長願望が強かった山崎さんは、とある男性に誘われた自己啓発セミナーで“救われた”気持ちになり、受講を続けるうちに教会の教義である「統一原理」にのめり込んでいったということです。

他にもマインドコントロールと言えば、元・オセロの中島知子さんの例が記憶に新しいところではないでしょうか。

このように、マインドコントロールは、心が弱っていたり、自分探しにハマっていたり、「変わりたい」と強く願っている人の精神の隙間に入り込むのが特徴です。

情に訴えたり必要以上の恩義を感じさせることで「この人の言うことならば信じられる」「この人のために何かしたい」という気持ちにさせ、相手の心を思うがままに操っていきます。

洗脳と違い、マインドコントロールでは暴力行為が行われず肉体的苦痛を伴わないため、「誰かに強制されている」という意識が全くありません。

むしろ、自ら望んで心の変容を遂げたという錯覚を覚えるケースすらあります。そのため一度マインドコントロール下に置かれると、抜け出すことがなかなかできにくいのもポイントです。

2-2. 洗脳・マインドコントロールのメカニズム 

恐怖心を与え、精神的に追い込むことで、その苦しみから逃れる手段として信者の心を変えていくのが「洗脳」。反対に、一見、親身なふりをして近づき、信頼させることで徐々に精神を支配していくのが「マインドコントロール」です。

手段は異なるものの、どちらも共通しているのが「それまでの自己」と決別させ、新たなアイデンティティを植え付けるというメカニズム。

いわば精神的廃人にすることに等しい行為なのですから、実に恐ろしい心理操作です。

2-3. 洗脳・マインドコントロールされやすい人の特徴

ここまでは、洗脳やマインドコントロールのメカニズムについて学んできました。それでは一体、どのような人がその被害に遭いやすいのでしょうか。

まず挙げられるのが、「心が弱っている人」。とは言え、うつ病などの精神疾患を抱えている人に限ったことではありません。

誰しも、仕事や人間関係などで自信喪失してしまうことや、心が疲れたと感じることは日常的にあるでしょう。

そういった「心が満たされない状態」の時に、洗脳やマインドコントロールはよりかかりやすいと言われています。

「自分はこんなはずではない」「新しい自分に生まれ変わりたい」…そういった「あるべき姿」との乖離を抱える人の心の隙に付け込んでは、強制的に、あるいは知らず知らずのうちに、それまでの人格の崩壊を促されます。

傾向をまとめると、常に理想を追い求めている向上心の強い人や完璧主義な人は、洗脳やマインドコントロールの標的とされやすいので気を付けてください。

心が弱っていると感じた時に近寄ってくる人の言いなりには決してならず、身近な人や家族に相談する、旅行やスポーツなど、他者との関わりが必須ではない娯楽での気分転換を習慣づけるようにすると良いでしょう。

3. 洗脳・マインドコントロールのメカニズムの応用 

誰かを精神的廃人に追い込み、自分の欲望の支配下に置くという目的のためなら言語道断ですが、暴力的手段を用いないマインドコントロールのメカニズムは、正しく理解することで一般的なコミュニケーションや感情のコントロールに役立たせることが出来ます。

実際、人の心を動かす技法に大きな利用価値があるということはかねてから着目、心理療法をはじめ研究対象とされてきました。

そこでこの章では、マインドコントロールの応用術について探っていきたいと思います。

3-1. 自分の気持ちをコントロールする 

スポーツ選手がよく実践している手法です。「自分は出来る」と強く念じることで、緊張感や不安を跳ね除け試合本番で見事に実力を発揮することが出来ます。中には「ネガティブな言葉を絶対に発しない」ことを自分に課している選手もいます。

やり方は人それぞれですが、いずれにも共通しているのは、自己暗示によって場の空気に飲み込まれないことに成功している点です。

つまり「自分であって自分でない」という立場を意識し「出来ない自分」に対して「出来るよ!」とあたかも他人へアドバイスするように声を掛けるのが、自分をマインドコントロールする第一歩です。

3-2. 他人に対する気持ちをコントロールする 

前項で、自己暗示とは他人になったつもりで弱い自分を叱咤激励するようなことだと伝えました。

しかし人間ですから当然、機械とは違って上手くいかないこともあるものです。だからと言って、その都度「出来ない自分」にイライラしたり、マインドコントロールの下手さに心が折れそうになっていては本末転倒。

“対自分”ごときで落ち込んでいては、他人の心を動かすテクニックには到底辿り着けません。

そこで大切になってくるのは、状況を冷静に受け止めること。自分の弱さや相手の至らなさといったマイナス面と向き合い、「時にはそういうこともある」「たまたま上手くかみ合わなかっただけ」と受け入れます。

スポーツ選手でもいます、プレッシャーや重圧の存在をネガティブに考えず、あえて緊張感と向き合うことが最良の状態で試合に臨むコツだと捉えるタイプのアスリートが。

このように、不本意な状況においても腹を立てない・動揺しないメンタルを育むことで、さらに高度なマインドコントロール術を体得することができます。それがすなわち、次項で紹介する「他人の気持ちをコントロールする」スキルへとつながっていきます。

3-3. 相手が求めるものを差し出せるようになる 

決して思い通りにならない「他人」。そんな他人の「弱さ」を理解できたならば、マインドコントロールは成就の入り口まで来ています。まずは迷うことなく、相手の気持ちを理解していることを表現しましょう。そうすることで、相手はあなたに対して「私のことを分かってくれている人」と気を許します。

次にするべきことは、相手が求めるものは何かを探ることです。たとえば部下が、顧客対応が上手くいかず自信を失っているならば、「褒める+具体的なアドバイス」を実践してみましょう。

「いつも丁寧な営業資料を持参してくれる点は、お客様も高く評価しているそうだよ。素晴らしいね。あとは自分が話をする前に一呼吸おいて、先方の話にじっくり耳を傾けることを実践してみたらどう?」

…といった感じです。

自分のことを理解し、味方になり、利益をもたらしてくれる存在を人は信用しないはずがありません。きっと相手は、徐々にですがあなたの言葉を素直に聞くようになるはずです。

いかがでしょうか。まとめると、人間の弱さを知り、その弱さを冷静に受け止め、弱さを克服する術を授けることで相手からの信頼を勝ち取る。それこそが、他者をマインドコントロールする上で不可欠なメカニズムだと言えそうです。

4. おすすめの本 

最後に、洗脳とマインドコントロールを知る上でおすすめの本をご紹介します。

マインド・コントロール/岡田 尊司 著

善良な人々がなぜ、自ら志願してテロを行うまでになってしまうのか――催眠や治療、そして軍事利用にまで及ぶ洗脳・マインドコントロールの歴史から、脳や身体に起こる反応などについて詳細にまとめられています。

相手を自在に操る ブラック心理術/神岡 真司 著

ダークなイメージを醸し出すタイトルと表紙ですが、内容は良識ある心理学の入門書。心理テクニックを理解することで、自分の思い通りに相手を動かせるようになるのはもちろん、相手の術中にはまらないような防御もできます。

5. まとめ 

理性的な若者をカルトに引き込み、暴力をもって凶悪な人格へとすり替える洗脳。弱った心の隙間に入り込み、アイデンティティを変容させるマインドコントロール。手段は違えど、いずれも人間の心を操る技法であり、長きにわたり国家的な規模での研究がされてきました。

ここ日本でも、洗脳やマインドコントロールによって多くの人々が犠牲になる事件が生まれてきました。一方で、そのメカニズムを応用した技術は心理療法をはじめ、人心掌握術や交渉術などあらゆる方面で民間活用されています。

人の心を操るテクニックは、悪用も善用も可能です。だからこそ、その全容を正しく知ることは、あなたの人生をより円滑なものにし、かつあなたの心を守る処方箋となるでしょう。善用のエキスパートとなるためにも、まずは実践することから。この記事を参考に、ぜひお試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket