スポーツ観戦でも、誰かのビジネスでも
「人の応援するくらいなら、自分の人生をもっと一生懸命生きようよ」

って思っていたくらい
昔は人を応援することに対して斜に構えていたというか
どうでもいいというような部分を持っていた

今思えば、子供だったというか、わかっていないなって思うのだけど
応援の力を知らなかった

今日は人を応援することで
自分の人生もうまくいくって話なんだけど

応援の力に気づくのが遅れてしまったことに関して
すこし弁明をさせてほしい




みんながしているのは実は『応援』ではない

サッカーでも野球でもいいんだけど
ファンで応援しているって人はものすごくたくさんいる

でもその中で成功している人が少ないから
気づけなかったということがある

しかも
イメージとしては
選手の悪口をいったり
ダメ出しをしたり
あいつは大したことないっていったり

そういうのが多い気がして
そんなん言うなら自分の人生はどうよ?って思っていたのだ

けれど、気づいたことは
応援の仕方によっては

自分を大成功に導くことができるのだから
この応援の仕方ってのはものすごく大事

これに気づけるだけで
本当に自分の人生がうまくいくのだから不思議だ

本物の『応援』

その応援の仕方というのは
『無償の応援』

なにか見返りを求めるのではなく
純粋に応援する人が成功してほしいって応援

そもそも応援って言葉を調べると
「他人の手助けをすること・元気づけること」って書いてある

評価や批判は応援ではないわけだ

もちろん気持ちが入ってしまって
なんだよって感情が生まれてしまうのもわかる

けれど
相手がどうなろうと
自分ができることを純粋にすること

そしてその純粋に応援する気持ちの輪を広げること

これが自分の人生を好転させる方法だということに気づいた

これはなにもスポーツだけではない
仕事だって応援だ

そもそも仕事ってのは誰かがうまくいくように
自分ができる最大の貢献をすることが
土台だと思っている

それがお金というものに
邪魔されてしまっているのだ

だから仕事でうまくいくコツは
お金という概念を忘れて
相手の成功を100%の力で応援すること

自分が頑張って
自分の経験値を増やせば
相手に貢献できることが増える

そしたら自分の応援の力は
グッと高くなっているのだから
相手が成功する可能性はどんどん高くなる

それが応援だ

人生が上手くいく人は応援上手

よくよく観察してみると
他人からモテる人っていうのは

相手を応援するのがとても上手い

元気がないときには元気づけ
ほしい時にほしい言葉をかけ
新しい一歩を踏み出す力になる

それでいて
相手からの見返りを求めない

だから、困ったり、元気がなくなったりすると
その人に会いたくなる

会えば元気になるのだから
また会いたくなる

そのうち、その人に惹かれていることに気づく

応援っていうのは
視点や自分じゃなくて相手に向いているから

応援していると
相手がどんな言葉を欲しがっているのかだったり
何を求めているのかがわかる

見返りを求めるのは応援ではない

例えば男性の場合だと、女性に対して

こんなにお金を使ったんだから
そろそろ抱かせてくれてもいいだろ?

って思ってしまったり

女性だったら

こんなに尽くしたんだから
もっと見返りをもらってもいいんじゃない?

って思ってしまうのだけど

こういう人は
やっぱりモテない

子供に対しても
こんなにお前のことを考えているんだから
もっと勉強しろ

って思ってしまうのかもしれない

けれど、やっぱり反発が生まれてしまう

応援に「費用対効果」みたいな考え方とか
メリットデメリットみたいな考え方は
最悪の相性になる

応援上手は人生上手

モテる人ってのは
やっぱり人生で成功する可能性が高い

なぜなら
すべてのいい話は人が運んできてくれるから

それになにより
純粋に人を応援する気持ちは
自分の気持ちを最高の状態に保ってくれる

応援は誰にでもできるし
今すぐにでもできる

今まで応援してこなかった人が
急にまわりを応援しはじめてたら

「どうしたの?」

って言われちゃうかもしれないけど
一瞬間もやり続けたら

あなたといたいって人が増えること間違いなし

本当の応援力を身につけて
まわりの人と幸せになっていきましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket