今日は
『まず、あなたから先に誰かに何かを与えてみる』
というお話です

成功するために
とっても大切なので
文章を読みながら、ぜひ振り返ってみてください

実は
とあるコミュニティに参加していて気づいたのですが

多くの人は、どうも『クレクレ君』であると

強く感じたのです。

『自分のことが可愛いから当たり前』

それはそうなのですが、

・稼げる方法を教えてください
・〇〇してくれたら〇〇します!
・私の住んでいるエリアにきて講義を開催してください

・・・

あなたなら気づいたはずです

「なぜ、この人たちに自分が努力してきて手に入れたことを教えなければならないのか?!」と。

成功できない人は
自分のメリットばかりを主張して、相手のメリット考えていない、
もしくは提供していないのです

この基本的行動ができないと
いつまで経っても、いい情報もいい人脈も集まってきません

参加したコミュニティを見ていて9割以上の人が『クレクレ君』でしたので
逆に言うと、
もしあなたが『クレクレ君』を卒業できれば
それだけで他の人よりも大きな一歩踏み出すことができるのです

そのために重要なことが
『あなたから先に相手のメリットを提供すること』

たったこれだけのことをやればいいわけです。

自分の持っている知識や人脈で
相手にとってメリットとなりそうなものをぜひ考えてみてください

・相手が面倒だと思っている雑用を無償で提供する
・欲しがっている情報を無償で提供する

こんなところから始めてもいいわけです

さらに、もしあなたにその能力がなければ

・簡単なプレゼントを提供する

でもいいわけです。

ちょっと会う時に、お菓子やお土産を持って行ってみてはどうでしょう?

きっと、相手の対応は変わるはずです。

「相手を思いやる気持ちも大事ですが、
気持ちだけでは現実伝わりにくいところもあります」

そんなときジュース一本、お菓子1つでもいいのです

相手が喜ぶことで、相手が重荷に感じないことをしてみます。

その時大事なことは

見返りをいちいち求めないことです。

・〇〇をしてあげたんだから〇〇してよ

という気持ちが伝わってしまっては効果は激減します

もしかしたら

・今の私には相手がメリットとなる情報も人脈もない

という人もいるかもしれません

相手が成功して入ればいるほど、たしかにその差は大きくなるでしょう

「成功者にアドバイスなんておこがましい」
その通りです

しかし、まったく役に立てないかといえば
そんなこともないでしょう

・可愛い後輩だな
・親切な人だな

こう思ってもらうための行動をイメージして
あなたが提供するわけです

まずはそんなところからだって始められます

信頼関係ができれば
いつの間にかあなたにとって重要な情報も人脈も集まってくるはずです

『成功しない人は目先の損得しか考えず、
成功する人はずっと先の大きな利益のために目先の小さな利益を捨てる』

これは歴史が証明する大事な教訓です

そのための一歩としても

『今日、あなたが誰かに与えたことを2つ挙げる』

この訓練をして、あなたの生活の習慣にしてしまいましょう。

毎日これを繰り返し、
3ヶ月も経てば、あなたのまわりはきっと激変していると思いますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket