「仕事をやめたい…」もしかしたら、あなたは今仕事にいくことがツラく、自分の人生に生きがいを見つけられないほど追い込まれてしまっているのかもしれませんね。

「仕事をやめる」というのは一大事かもしれませんが、もしあなたに明確な仕事をやめたい理由があるのであれば、やめてしまっても構わないと思います。

お金のことを気にされる方もいるかと思いますが、自分のやりたいことを出来るのであれば、それはお金以上のものを得ることが出来ます。

例えば1日8時間働いているとすると、1日の1/3、極端かもしれませんが人生の1/3は仕事に費やしています。この仕事の捉え方で、あなたが幸せかどうかが変わると言っても過言ではありません。

もしあなたの好きなことを仕事として出来るのであれば、きっと誰よりも熱中するでしょう。熱中した先には、誰よりもクオリティの高いアウトプットが待っています。

仕事を変えたばかりのときには所得は低いかもしれませんが、いつしか多くの所得を得ることになるでしょう。

ただ、現実は妻子を養わなければいけないなど生活費を稼ぐためといった課題があるかたも多いと思います。

そこで、転職コンサルタントにヒアリングをし、その考え方や仕事をやめて成功した例・会社に残って成功した例をまとめました。

あなたがこれからどのような人生を歩もうとしているのか明確になり、明日の一歩を踏み出せれば幸いです。




1.自分はなぜ仕事をするのか、そしてなぜやめたいのかを明確にしよう

辞めたいときは、頭が”仕事を辞めたいモード”になってしまっているので、どうしても”辞める方向”で考えてしまいます。

しかし、そういう心理状態の時の判断は間違ってしまうことが多くあります。(経験はありますか?)

まずはなぜ自分は仕事をしているのか、そしてなぜやめたいかということを、改めて紙に書き出してみましょう。

働く理由、やめたい理由にクローズアップしていくことで、仕事をやめた結果、未来が開けるのか、あるいは停滞するのかの予測がある程度可能です。

2.仕事をやめることで人生が開けるかもしれないパターン

仕事をやめる時点で未来のビジョンが明確だったり、夢の実現に近づくなら、人生を切り拓く可能性がある退職といえます。

2-1.実現したい夢のため

今行っていることは自分の夢に向かっていないのであれば、後で後悔をしないために、夢に向かって動き出しましょう。

どうしてもかなえたい夢があり、そのために仕事をやめざるをえないなら、その決断はきっと正しい方向に動きます。

2-2.本来やりたかった別の業種で働くため

自分が好きでやりたい仕事をするとき、人の潜在能力は最大限に発揮されます。逆に、やりたくない、合っていない仕事をしているとき、その人のポテンシャルは活きていません。

どれだけ高給でも、ステータスが高くても、自分に合っていない仕事をすることは、自分自身の能力にとってマイナスです。 

2-3.劇的に給与体系が改善される

外資系は別として、日本企業は良くも悪くも完成された組織ですから、報酬の体系が大きく変わることはありません。

今の報酬に不満があり、確実に報酬が増える転職になるとわかっているなら、新たな仕事に挑戦するのもひとつの考え方です。

ただし、最初の給与は良くてもその後伸び悩むといった可能性も否定できません。転職市場に踊らされずに、すでに働いている人や近しい企業にいる方にリサーチをするのは怠らないようにしましょう。

2-4.明確な自己実現のイメージがある

仕事をやめることで手に入る未来のイメージに確固たる自信があるなら、それは自己実現の一歩です。おそらく失うものより、得るもののほうが多いでしょう。

3.仕事をやめても人生にあまり変化がないかもしれないパターン

短期的には労働から解放されますが、長期スパンで見れば人生に対してプラスにならない可能性が高い退職のパターンです。

あなたのやめたい理由が以下のパターンに該当するのならば、一旦やめたいと思う気持ちを忘れてみてはいかがでしょうか。

あれこれ思い悩んだところで仕事のモチベーションは変わりませんし、いまの気持ちは一時的なものかもしれません。

3-1.人間関係に不満がある

嫌な上司や同僚、後輩がいる場合、たしかに転職することでその人から離れることはできます。

ただし人間関係を形作るのは、自分と相手の関係であり、目の前にある人間関係は自分と相手の相性により導かれた結果です。

よって、転職先でも同じような状態になる可能性もあります。 最終的に仕事をやめる選択肢を残しつつ、意に介さない、あるいは積極的にコミュニケーションを取るなどの方法で、現状の改善を試みてみましょう。

3-2.待遇になんとなく不満がある

具体的にいくらの売り上げに貢献している、業界平均より明らかに待遇が悪いといった、具体的かつ客観的なソースもなく、なんとなく給料が安い、休みが少ないという不満だけで仕事をやめるのは危険です。

なぜならその後に転職したところで、明確な勝算がなければ、同レベルの会社に再び入ることになる可能性が高いからです。

3-3.やめること自体が目的になっている

とにかく働きたくない、その仕事自体が嫌だ、というように、やめること自体が目的になっている場合、仕事をやめても労働から一時的に解放される以上のメリットはないケースが多いです。

4.仕事をやめて成功した例

Kさんは東京の中堅私立大学の出身。

就職活動はあまり順調ではなく、夏の終わりにようやく小さな証券会社から内定を得ます。

希望していた金融系ではあるものの、狙っていた誰もが名前を聞いたことがある大手は全滅。

ようやく得た仕事でしたが、就労環境は過酷そのもの。 多くの新人は自社金融商品を一般顧客に売る営業職からキャリアをスタートさせますが、とにかくノルマが厳しく、また売りつけた商品が値下がりして、損をした顧客のクレーム対応にも大きな時間を割かれていました。

同期が次々と脱落していくなか、Kさんも何度か退職を本気で考えましたが、 「もともとやりたかった金融業界にせっかく入ったのだから、この業界で次にやりたいことが具体的に見つかるまではがんばってみよう」 と考え、そのたびに退職を思いとどまりました。

Kさんは結局この会社に4年在籍。その間に金融の仕組みをきっちり学び、また少しずつ業界内へのコネクションを作り、27歳のときに個人向け資産運用コンサルタントの会社に転職。

個人の資産運用を手伝いたいという思いが転職の決め手でした。

この転職先では、4年間顧客と向き合ってきた経験を活かし、優秀なアドバイザーとして活躍しています。

もちろん年収は1.5倍に、残業時間は激減しています。そしてなにより、前職では果たせなかった、顧客ひとりひとりと向き合って本当にその人にマッチした商品を提案するという、やりがいのある仕事につけたことで、日々は充実しているとのことです。

5.仕事をやめないで成功した例

Mさんは、旧帝大出身で東証一部企業にすんなり就職したいわゆるエリート。

入った会社は今でいうところのホワイト企業で待遇がしっかりしていて、なおかつ残業するためには許可を取らなければいけないほど、勤怠管理はしっかりしています。

ですが、Mさんは仕事が楽しくありません。別にその会社、その業界を熱望していたわけではなく、なんとなく周りの友達と同じように就職活動をした結果、すんなり内定をもらえてしまっただけなのです。

単純に能力が高そうという理由で入社でき、さらに入社後もそつなく仕事をこなしていました。

20代も終わりに近づいたころ、仲が良かった同期の二人が相次いで退職、それぞれが起業をしました。

会社勤めにボンヤリとした不満があり、このままでいいのだろうかと思い悩んていたMさんにとって、同期の二人はとてつもなくまぶしく見え、Mさんも本気で退職を考えるようになりました。

ですが、結果的にMさんは会社に残ることになります。このあたりは頭が良く、冷静な判断ができる彼らしいところでした。

「同期の二人みたいにどうしてもやりたいビジネス、独立しても稼げる自信みたいなものは、自分にはない。ただなんとなく現状を変えたくて仕事をやめた二人がうらやましかっただけ」

会社に残ったMさんは、それ以降もきっちり仕事はこなしながら、学生時代に夢中だった趣味に再度のめり込みます。

やがて社内結婚をした彼は、総務部へ異動になり、総務部長を経て役員にまで出世します。

イノベーションを起こせるタイプではありませんでしたが、組織人としてきっちり職務をこなし、組織の利益に安定して貢献できる彼こそ、会社を運営していくために必要な人材だったのでしょう。

6.仕事をやめるときのマナー

仕事をやめることを決断したのなら、以下のポイントを守るようにしてください。同じ業界への転職でなければ、やめた会社の人と接触する可能性は低いです。

しかし、人間関係は積み重ねで決まるもの。どの職場でも円満退社できるコミュニケーション能力を意識していきましょう。

6-1.余裕を持って早めに伝える

「1ヵ月前までに退職を申し出ること」というような、会社の規則で定められている退職の申し出時期を守りましょう。

6-2.いうべき退職理由、あいまいにすべき退職理由

人間関係や待遇の不満を退職理由にすると、それらの改善を条件に退職を思いとどまるよう要請されることがあります。

具体的な異動や待遇向上の提示があるならともかく、こういった曖昧な改善の提案はどうなるか未知数なので、退職の決断を先延ばしにするだけだけの結果に終わりがちです。

よって、一身上の都合という形で伝えるのが無難です。

6-3.退職願いと退職届けの違い

意味合いは同じでも「願」と「届」では若干ニュアンスが異なります。「届」のほうが「提出したから、私はもうやめていますよ?」のような強いニュアンスになります。

よって、特に理由がなければ「願」で出すようにしましょう。

6-4.引き継ぎの徹底、残務処理の完了

自分の担当作業はすべて片付け、なおかつ後任者に細かい部分までちゃんと引き継ぐのが社会人としてのルールです。

また退職後に残った人がわからないことがあって連絡をしたときに受け付けられるよう、プライベートの連絡先も一応伝えておきましょう。

6-5.会社から受け取るもの、返却するもの

最後に、会社を辞める際の事務的な部分について少し触れておきます。

6-5-1.受け取るもの

退職時には以下のものを受け取るはずです。どれも重要なので、念のため確認しておきましょう。

  • 離職票(退職後に郵送されるのが普通)
  • 源泉徴収表
  • 雇用保険被保険者証(会社に預けている場合)
  • 年金手帳(会社に預けている場合)

6-5-2.返却するもの

退職時に返却しなければいけないものです。

  • 保険証 ・名刺
  • ノートPCや制服などの備品
  • 前払いの経費や通勤定期券

7.オススメの本

「仕事をやめたい」といっても、独立志向や自己実現のための転職といった前向きな理由の人は、すでに自分の進む方向が見えていて迷いがないと思います。

そこで、ここでは人間関係や待遇面への不満など、取り巻く環境に不満があってやめたいと思っている人に向けて、考え方を変えるヒントになりそうな書籍を紹介します。

引き寄せの法則 著者:マイケル・J・ロオジエ

引き寄せの法則を世の中に広めた『ザ・シークレット』(ロンダ・バーン著)の実践版的位置付けの一冊。

引き寄せの法則は使い方を間違えると作用が逆に働く危険性がありますが、この本にはあなたの願望を引き寄せるための具体的な方法が書かれています。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え 著者:岸見一郎、古賀史健

フロイト、ユングと並ぶ心理学の三大巨頭、アルフレッド・アドラーの思想(アドラー心理学)を物語形式を用いてわかりやすく解説しています。

アドラー心理学ではすべての悩みは対人関係が関係している、とされています。もし職場の人間関係に悩んでいるのであれば、問題解決のヒントになるはずです。

『アファメーション』 著者:ルー・タイス

何かを実現する、なりたい自分になる方法として有効なアファメーションの技術を活用することで、自分の能力・人生・未来を変えることができるという内容。

いまの職場環境を変えたいというのなら、自分自身を変えてしまうのも一つの手ではないでしょうか。

8.まとめ

ここまで読んでみて「仕事をやめたい」という気持ちに何かしらの変化がありましたか?

ある人は気持ちをより強固にしたでしょうし、思い留まろうかなと考え始めた人もいることでしょう。

繰り返しになりますが、仕事をやめたいと思ったら最初にとるべき行動は、どうしてやめたいのか、自分は何をやりたいのか、どうしてやめられないのか、自分自身に語りかけてみることです。

最後に心理学者アルフレッド・アドラーのことばを紹介します。

問題の原因などどうでもいい。大切なのは解決策とこれからどうしたいかだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket