仕事にしても、恋愛にしても、目標があるのと無いのとでは大違い。何か新しいことを成し遂げようとするなら目標設定は欠かせません。

とはいえ、そもそもどうやって目標を設定すれば良いのかわからない……と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。 確かにも適切な目標設定は難しいですよね。目標を達成できない人は、目標設定の仕方に問題がある場合がほとんどです。しかし逆に言えば、正しく目標を立てることさえできれば、目標達成の確率を大幅に引き上げられるということです。ここでは適切な目標設定の方法や目標設定後の行動についてまとめたので、より豊かで充実した日々を過ごすためにも身に付けましょう。




1.目標設定を適切に行うために必要な5つのプロセス

目標には、仕事上で設定する公的なものと、自分のプライベートな生活上で立てる私的なものがありますが、いずれにおいても正しく設定するにはちょっとしたコツが必要です。 将来、「こうなっていたい!」「こういう風になりたい!」といった目標に向かう途中で挫折しないようにするためにも、その設定は勢いやノリで決めるのではなく、適切に行わなければなりません。

1-1.頑張れば実現可能な目標を設定する

目標は、「このままでは達成できないかもしれないけど、頑張れば達成できるようなもの」を設定するのが最も効果的です。

何もしなくても勝手に達成できるような簡単な目標では意味がなく、その反対に現状から遠くかけ離れた目標では達成意欲よりもあきらめが先行し、モチベーションの低下を招く可能性が高いため、適切であるとは言えないのです。

例えば、現在の体重が80キロで、これからダイエットを始めるとしましょう。いきなり月の目標をマイナス10キロに設定するのは現実的ではありませんよね。では、その目標をマイナス2キロにしてみたらどうでしょう。頑張れば実現できそうだと思いませんか? 目標は高すぎず低すぎず、「頑張れば手が届きそう」という辺りに設定するのが理想的です。

  • 良い例 6ヶ月間トレーニングをして10キロマラソンに挑戦する。
  • 悪い例 (未経験の人が)2週間後のフルマラソンで完走する。

1-2.必ずゴール(期限)を設定する

目標設定する際、絶対に必要なことがあります。それは「達成したい期日=ゴールを決める」ことです。

目標を設定しても、どこまで頑張れば良いのかを明確にしておかないと努力を続けることが難しくなります。目標とはゴールがあるから頑張れるものです。

ゴールの無い目標など、目標とは呼べません。

なお、長期的な目標を設定する場合は、ゴールまでの間に「小ゴール」を設定することをおすすめします。

例えば1年後に12キロ痩せるという目標を設定したとします。1年はとても長い期間ですから数か月もするとサボりがちになり、半年後には目標自体をなかったことに……なんてことにもなりかねません。 しかし、毎月1キロ減という小ゴールを設定しておくことにより、日々の取るべき行動がより明確になるうえ、小ゴールの達成感が次の小ゴールへのモチベーションとなるため、継続的に取り組めるようになるのです。

  • 良い例 海外出張がある9月までにTOEIC試験で800点取る。
  • 悪い例 いつかTOEICで800点取る。

1-3.目標は具体的に数字で設定する

目標は「可能な限りわかりやすく具体的な表現にする」のが理想です。そのためには曖昧内容や表現を避けるのも大切ですが、数値化するのが一番です。 例えば、ただ単に「テストで良い点を取る」「営業を頑張る」「ダイエットする」といったものだと具体性に欠けますが、これらを数字で設定し直すと「今度のテストで90点を取る」「来月100万円を売り上げる」「半年で10キロ痩せる」と、それぞれより具体的な目標となります。 数字を入れることで達成・未達成の判断が簡単にできるようにもなるので、目標を定めるときには必ず数字を入れるようにしてください。

  • 良い例 毎日3kmのジョキングと30分の水泳をして6月30日までに体重を3キロ落とす。
  • 悪い例 真剣にダイエットする。

1-4.目標達成までの過程をイメージする

「こうすれば達成できるかも」「これを頑張れば達成できるかも」という目標達成までのイメージを描けるかどうかも、良い目標を立てるうえで重要なポイントになります。

目標を設定してはみたものの、「達成までの道のりが全く想像つかない」という状態であれば、それは所詮「絵に書いた餅」であって、目標設定自体を見直さなければなりません。

また、いくら目標を設定しても自らが「達成したい」と意欲的に取り組めるものでなくては達成できるわけがありません。立てた目標に対して自分がやる気になれる要素があるほど、目標達成率は上がるものなのです。

  • 良い例 まずは売上を達成→ボーナスを増やす→彼女が行きたがっていた高級レストランに連れていく。
  • 悪い例 上司に怒られないように売上ノルマを達成する。

1-5.目標達成時のご褒美を用意する

「目標を必ず達成する!」とどんなに固く決意していても、長いこと続けているとどうしてもモチベーションは落ちてしまうもの。

そんなときに助けとなるのが、自分へのご褒美です。このご褒美は目標達成に向けての原動力となり、モチベーションを上げるコツの1つです。目標は達成した時点で終わりではなく、必ず次の目標が出てきます。

そこで自分に対するご褒美があれば、次の目標もまた頑張ろうと思えるものです。ご褒美をあらかじめ用意することで、自分自身を上手くセルフコントロールしましょう。

  • 良い例 今月中にこの問題集をやり終えたら好きな洋服を買う。
  • 悪い例 気が向いたときに問題集をやる。

2.目標設定後に必要な行動と意識

上記のプロセスを経て目標を設定したからといって、必ずしもそれを達成できるとは限りません。目標設定後の行動や意識の持ち方次第によって、100%達成できるのか、それとも失敗に終わるのかが決まるといっても過言ではないのです。

2-1.定期的に目標を見直す

目標を設定した後は、それを叶えるためにうまく行動したいものです。

そのためには、Plan(計画)・Do(実行)・Check(振り返り)・Action(改善)からなるPDCAサイクルで進捗をチェックすることが大切です。

目標を立てたらまずは実行に移し、定期的に見直して、実行した結果と当初の計画とのズレが多ければそれを修正していきます。なお、Check段階では、できたことに対しても振り返り、評価してください。自分自身を褒め、努力を認めることで、もっと続けようという意欲がわいてくるでしょう。

2-2.できなかったことは必ず行動修正する

立てた計画に対する行動が目標通りに進まなかった場合、その原因を追求し、対策を考える必要があります。

計画が無謀だったのか、ノルマが厳しすぎたのか、はたまた行動が伴わなかったのか、問題となる事柄を洗い出して、スムーズに計画が運ぶよう修正していきましょう。

2-3.目標を必ず達成できると信じる

適切な目標を設定したにもかかわらず、周りの人から「そんなの絶対無理」と言われてすぐ諦めてしまう人がいますが、そのような意思の弱さではいけません。

自分で立てた目標を自分で達成できると信じていなければ、当然やる気も生まれないし長続きしません。人に何を言われても動じず、必ず達成すると自分を信じれば、自ずと目標を達成する力が湧いてくるのです。

2-4.すでに目標を達成したと思い込む

すでに自分が目標を達成したかのように振る舞うことも大切です。そう思い込むことで、自身の行動や態度が見合ってくるものです。

例えば、「英会話ができるようになりたい」という目標を立てたとしましょう。自分が上手に英語を話せると思い込めば、自然と自信に溢れた態度になります。その逆に英語が下手だと思い込んでしまっては弱気な態度になってしまいます。

良い意味で目標達成後の自分を演じ、自己暗示をかけるのです。そうすることで、より目標に近づけるようになります。

2-5.立てた目標を周囲に宣言する

目標を周りに宣言することで得られる効果があります。それは自分を追い込むことです。周囲に宣言した以上、目標をそう簡単に諦めたり、うやむやにしたりできなくなりますよね。 また、目標宣言は周りの人たちに対しての協力要請にも繋がるというメリットがあります。仮に自分1人では達成が困難な目標であっても、周囲からのアドバイスや手助けがあれば、めげずに継続して取り組むことができるのです。

2-6.他人と自分を比較しない

人はそれぞれ性格や気性が違うように、目標達成までのスピードや方法も人それぞれ異なるので、自分と他人を比べて精神を乱してはいけません。同じような目標を他の人が先に達成したからといって焦ったりせず、自分が立てた目標に対して素直に行動することが何よりも大切です。他人は他人、自分は自分と割り切りましょう。

3.目標設定に失敗する3つの理由

3-1.無計画すぎる

そもそも目標達成に向けたプランが存在していなければ、未達成に終わる可能性は飛躍的に高まります。どんなに素晴らしい目標を設定したとしても、それを成就させるプランがなければ何の意味もありません。

計画なくして目標達成などあり得ないのです。

3-2.無責任すぎる

立てた目標に責任を持たないのも失敗する大きな要因です。自分の中で目標設定がマストになっていないと、「この目標は達成しなくても別に構わない」と脳が考えてしまいがちです。

その結果、目標達成に向けての努力がおざなりになってしまいます。

3-3.目標が多すぎる

目標をたくさん設定することで、そのどれもが中途半端になってしまい、結果として1つも達成できないケースが多々あります。一度に達成できる目標はそう多くありません。

最初はゴールまでの道のりをブレずに進むことができる1つの目標に絞るべきです。

4.目標設定を誤った場合の対処法

目標の未達成を繰り返していると、「どうせダメだ」という諦めの姿勢で臨むようになりがちです。

そして、モチベーションも全く上がらず結果も出ないという悪循環に陥ります。自分を過小評価しすぎると、最悪心身疾患になってしまうこともあり得ます。

そんなことなら、そもそも目標を設定しないほうが良いくらいです。 目標設定を間違えた、または問題があることに気付いた場合は早めに軌道修正する癖を付けましょう。

4-1.目標設定は1回にとどめず変えても良い

一度目標を設定したら、あとは変えてはいけないということはありません。目標がより明確かつ具体的になるのであれば、どんどん修正・変化させていくと良いでしょう。

そうすれば、最初の目標設定段階から頭を悩ませ時間を費やす必要もなくなってきます。

4-2.目標達成できないものは潔く捨てること

人から与えられただけの目標や、他人の目を気にしての見栄やプライドからくる目標は極めて達成が困難です。そんな目標は潔く捨ててしまい、新たな目標を自分自身で設定しましょう。

5.テンプレートを有効活用して目標を管理しょう!

最後に目標管理シートを無料でダウンロードできるサイトをまとめてみました。様々なフォーマットがあるので、自分の目標に合うものを探して使ってみましょう。

書式の王様

http://www.bizocean.jp/doc/category/108/

目標管理のテンプレート(雛形・フォーマット・書式・サンプル・文例・書き方)が充実。すべてのテンプレートを無料でダウンロードできます。

株式会社ジィ・ディー・エル

http://www.gdl-j.co.jp/archives/000508.html

4パターンの目標管理シートをダウンロード可能です。成果主義のシンプルなタイプや人事考課連動タイプなどがあります。

ナビゲート

http://www.navigate-inc.co.jp/tool/work05.html#mbo_1

職種に対応した目標設定シートだけでなく、目標設定を行うために現状分析をする補助シートも用意されています。

ITmedia エンタープライズ

http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0709/28/news001.html

目標設定時に使えるSMARTシート。SMARTは、Specific(具体的か)・Measurable(測定可能か)・Achievable(達成可能か)・Result-based(成果に基づいているか)・Time-bound(期限が明確か)の5項目で構成されています。

株式会社ラック

http://www.rac-inc.co.jp/n01.html

全員参加用と個人用の2種類の目標管理表がダウンロード可能。個人別目標管理表では、個人の営業目標、行動目標と実績数値を毎日管理できます。

6.オススメの本

目標設定を失敗しないためには、ちょっとしたテクニックとコツが必要になります。ここでは正しい目標設定の方法や、目標を見つけるための方法について書かれたオススメの本を紹介しますので参考にしてください。

『あなたも必ず実現できる! 目標設定の鉄則』 著者:松橋良紀

「やりたいことがあるような、ないような、漠然とした毎日を送っている人」にオススメの書籍。カベにぶつかった時に乗り越えるためのノウハウや、ワクワクするような目標の見つけ方、そして楽しみながら目標を実現していくテクニックが書かれており、すぐに実践しようと思える内容となっています。

『目標設定練習帳 新装改訂版』 著者:リチャード・H・モリタ

カーネギーの名著『人を動かす』の改訂版編集責任者であるアーサー・R・ペル博士の編集協力によって改訂された目標設定の実用書で、目標設定の重要性とその設定方法が簡潔にまとめられています。成功の秘訣を目標設定に絞り込み、記憶へのアプローチという斬新な方法によって読者を目標発見へと導いてくれます。

『すぐ使える・すぐできる目標設定法』 著者:金津健治

目標設定の悩みを解決する20の具体的な方法を軸に、目標管理とは何かがわかりやすく解説されています。目標管理の理念は理解していても、いざ目標管理シートに目標を書こうとしても、どう書けば良いのかわからない、ポイントがわからない、適切な表現が見つからない…といった人にうってつけの1冊です。

7.まとめ

自分が本当に成し遂げたいと思っていることを明確かつ具体的にすることが、目標達成のための第一歩となります。

適切な目的が設定できれば、自ずと適切な目標が設定できるというわけです。 そして、その目標を実現するためにはしっかり計画を立て、とにかく行動に移すというプロセスが大切です。

あとは自分を信じて努力すれば、きっと目標は達成されることでしょう。目標設定→達成→新たな目標設定→達成…を繰り返していくことで、いつしか大きな目標も達成できるようになっているはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket