「なんだか私だけ運が悪いんじゃないかな?」

もしかしたら友人や知人、家族などと比べて運が悪いような感じがして、運が良くなる方法をお探しかもしれませんね。

運が良くなったら、幸せになれるんじゃないかな。。。そんな風に感じたら、どうしたって運が良くなる方法を知りたいですよね。

そこで、今回は「運が良くなる方法」についてまとめました。

そもそも漠然と言っている「運」ってなんだろう?というところから始まって、運が良い!と言っている人は何が他の人と違うのかなど、徹底的に調べ上げました。

ぜひあなたも「運が 良い人」の仲間入りをして、幸せになってくださいね。

目次




1.そもそも「運」とは

人の身の上にめぐりくる幸・不幸を支配する、人間の意志を超越した働き。天命。運命。

道教では運は細かく分けると10の要素によって形成されると説明されています。

  • 自分の要素:生年月日・考え方・人格・傾向・明るさや暗さ
  • 自分以外の要素:両親/兄弟姉妹/配偶者/子供/家・空間/財/社会・時代・時間/仕事/友人・親交

一方、風水の世界では、「物事の流れやタイミングの運び方=運」と認識されています。

様々な捉え方がありますが、「自分の人生を左右するキッカケになるもの」とまとめると、しっくりくるかもしれませんね。

ではまず、どんな人が「運が良い」と言えるのか、ということから知っていきましょう。

1-1.脳科学/心理学に見る、運の良い人悪い人

近年の研究で、「運」とは脳科学・心理学的に説明できるようになってきましたが、結論としては、運が良い人と悪い人の違いは考え方です。

運が悪い人は不安や緊張を感じやすく、運が良い人はリラックスして前向きな考え方をする傾向にあるということが、脳科学の研究で実証されました。

ポジティブなときほど脳にある海馬と海馬傍回という視野を広げる部位が活発に働き、運を掴みやすい状態になる。

トロント大学(カナダ)

逆に緊張や不安を感じると、ストレスホルモンが分泌され、思考や行動の選択肢が狭くなってしまいます。

つまり、運を上げたいと考えるのであれば、常にリラックスして前向きに物事を捉えるようにすれば良いということです。

1-2.運の良い脳の作り方

「運が良い人」は、具体的にどのような考え方をしているのでしょうか。まとめてみました。

自分を大切に思う

自分のことを大切に思える人は、他人も大切にできる人が多いので、人から好かれやすくなり、運を引き寄せることができます。

自分を大切にするということは、他人の意見に惑わされずに自分の価値観をしっかり持っていることです。

人間の脳内は快感を感じる「報酬系」という回路があり、自分が気持ち良いと感じる行動を取ると活性化するので、好循環を生み出せます。

つまらない作業こそ本気でやる

「面白くないな…」という気持ちは、不思議なことに周りに自然と伝わってしまいます。「あの人に頼んでも、嫌な顔をされる」と思われてしまいますよね。逆に、良い仕事をして良い評価をされれば、周りの人は自然とあなたに助けを求めてくるようになります。そして、あなたが困っている時には周りが手を差し伸べてくれるようになるのです。

寓話|3人の石切り職人の価値観の違いのお話

古代ギリシア時代のお話です。 ある旅人が石を運んでいる石工職人のいる町に訪れました。

興味津々な旅人は、3人の石切り職人に「あなたは、何をしているのですか?」という質問をしました。

すると

  1. 「見てわかるように、生活のお金を稼ぐために、石を運んでいます」
  2. 「村一番の石切りの技術を身に付けるために働いています」
  3. 「多くの人々の安らぎの場である素晴らしい教会を作ることを夢見て、石を切って運んでいるのです」

それぞれの人は、同じ仕事をしていたのにも関わらず、全く意識が異なっていました。

  1. 生活のために
  2. 自己成長のため
  3. 他の人の幸せのため

「私は運がいい!」と口に出して言う

心の中だけで思うよりも、実際に口に出したほうが大脳深部の海馬が働き、記憶が強化されるそうです。そうすることで、脳が自発的に“良いこと”を探し始めます。失敗したり嫌なことがあったりしても、「ラッキー! 運がいい」と言うことがポイントです。 「運が悪かった」と思考停止した状態で脳を止めるのではなく、自分は運が良いと脳の状態を書き換えてあげることで、何か問題が起こった時に前向きに対処していくように、世界と自分の法則のズレを修正していけるようになるのです。

1-3.運の良い人の思考・行動パターン

イギリスで行なわれた大規模な調査の結果、運の良い人は同じような行動をとっていることが判明しました。

外交的で人付き合いが良く、人とのネットワークを広げることに積極的

例えば、外出先でのちょっとした待ち時間の間、運が良い人は周りの人に話しかけ、そこから交流が始まることも。中には、ビジネスに関する重要な情報を得たりもしているそう。また、「運が悪い」とされている人に比べ、笑う回数が2倍多く、アイコンタクトの回数も大きな差があるとか。 つまり、運が良い人は自分にツキをもたらしてくれる他人を惹きつけるような行動をとっているのです。

粘り強く、成功するまで諦めない

運が良い人は、黙って幸運が降ってくるのを待っているだけではありません。運を掴むために、粘り強く行動しているのです。 例えば、多くの懸賞に当選しているラッキーな人たちは、「とにかくたくさんの懸賞に応募し続ける」というシンプルな行動をとっています。自分が特別なのではなく、結果を得るために当たり前の行動をとっているというわけです。一見普通の行動ですが、応募する数を増やせば当選する確率が上がります。そうして自らの手で幸運を掴んでいるのです。

1-4.運を遠ざける人の思考・行動パターン

では、逆に運を遠ざける人の考え方や行動パターンはあるのでしょうか。 こんな実験結果があります。

「運が良い」とされている人と、「運が悪い」とされている人に、各々とあるコーヒーショップでコーヒーを飲んでもらう、という単純な行動を比較したものです。

しかし、途中「道にお金を置いておく」「コーヒーショップの隣の席に実業家が座っている」という2つの仕掛けをしました。 運が良い人は、コーヒーショップに行く道中にすぐお金に気付き、拾ってコーヒーショップに入ります。そしてコーヒーを飲みつつ、隣の席の実業家に話しかけ、意気投合して連絡先を交換しました。

一方、運が悪い人は考え事をしていたようで、道のお金に全く気付かずコーヒーショップに入ります。そして、隣の実業家とは目も合わせず、そのままコーヒーショップを後にしました。

つまり、運が悪い人は、消極的で非社交的である、ということ。「どうせ自分は…」という考えがあるから、新しい人脈作りも行なわないし、懸賞にも応募しないのです。

2.分野別、運を良くする方法

ここまで、運を良くする考え方・行動をご紹介してきました。しかし、それは「運」全体のお話です。「◯◯運を上げたい」とピンポイントでお考えの方もいらっしゃると思います。そこで、ここでは分野別に運を上げる方法をご紹介したいと思います。自分の目的に合った方法を、ぜひ試してみてください。

2-1.金運

金運が良いとされている人たちは、皆同じような考え方・行動をしているようです。ではどのような考え方をすれば金運が上がっていくのか、具体的に見てみましょう。

■お金を好きになる

「お金を蔑む発言をすると、金運が逃げていく」と言われています。どうしても「お金はあくどいもの」という考えが拭いきれない人もいるはず。それならば、まず「お金があると●●できるから楽しい」と想像することから始めてみます。お金に関してポジティブな考え方ができるように、トレーニングするのです。

■常に前向きな感情を持っている

ネガティブな感情は運気を下げてしまいます。とはいえ、ネガティブな感情を避けることが難しい場合も。そこで少し角度を変えて、前向きな発想に切り替えてみます。 「お金が無くてツライ」という感情なら「手持ちのお金の範囲でも楽しめることがある」、「お金がドンドン出て行ってしまって苦しい」という感情なら「今は自分への投資期間!」といった具合いです。前向きな発想に切り替えるだけで、考え方の幅が広がり、チャンスをものに出来る確率もグッと上がるものです。

■計画性を持つ

金運がいいとされている人の多くは、お金を使うことに抵抗があるようです。例えば、ランチも1000円以上を使うことに抵抗があれば無駄遣いをしない、ということ。無駄な出費を抑える傾向にあるので、自ずとお金を貯めることができるのです。

■自己投資をする

お金を守るだけでなく、稼ぐ方法にも敏感です。どうすればお金を稼ぐことができるかを考えており、勉強をしています。例えば、セミナーや教材などを購入し、自分のスキルを磨いたり、資格を習得したりするわけです。そうすることで新しい仕事を受けることができ、新しい収入源を確保できるというわけです。

2-2.恋愛運

脳科学的に、しっかりイメージを持つことは運気を高めることにつながるそう。恋愛運が良いとされている人も、皆同じような行動を取っているようです。恋愛がうまくいかないという方は、恋愛運が良いと言われている人が取っている行動を意識してみてはいかがでしょうか。

■常に成功体験を思い描く

「思念は実現化する」と言われていますが、常に幸せな恋愛像を思い描いておくことで、脳は自然にそれを実現するための動作をするそうです。そうすることで、理想の恋愛が実現するチャンスが近づいた時、脳がチャンスを掴むための行動を促してくれます。

■不安を怖がらない

「あの人は私のことが好き?」「浮気してるんじゃ…」「遊ばれてるだけかも」なんていう不安は恋愛につきもの。でも、無理に打ち消そうとする必要はありません。気楽に受け止めること。そうすることで余裕が生まれ、運もついてくるようになるのです。どうしても消化できなければ、友だちに相談してみましょう。

■恋愛運の良い人の真似をする

脳とは非常に高性能。「なりたい」と思う人の行動を真似していると、脳の回路も似てくるそうです。つまり、恋愛運がいいという友人・知人の真似を徹底的にしているうちに、あなたも恋愛運が良い人の考え方ができるようになってくるのです。

2-3.仕事運

「ミス無く仕事をすることができ、成果を残し、評価される」という状態が、“仕事運が良い”という状態ではないでしょうか。その状態を生み出すために、行なうべき行動をご紹介しましょう。

■デスク周りの環境整備をする

職場には色んな人がおり、あなたのデスクを目にします。清潔にしておけば印象もよくなります。ファイルや書類はブックエンドでまとめ、ペンもきちんと整理しておきましょう。デスクの上もこまめにウェットティッシュなどでキレイに拭き取ります。整理するだけでなく、思い切って物を捨てることも大切です。

■心を込めて社交辞令を言い、笑顔を忘れない

人脈を絶やさないためにも、挨拶や会話はきちんと行なうことが仕事運アップに繋がります。コミュニケーションを取られて嫌な気分にはそうそうならないものです。淡白なものではなく、笑顔を忘れずに。毎日のコミュニケーションは自分自身も豊かにすることができ、運が巡ってくるようになります。

■午後1~2時は大切な仕事を避ける

1日のうちで最も仕事のミスが多くなる時間帯が、午後1~2時の間。お昼を食べた後で、頭の回転が鈍くなるのが要因の1つです。大切な仕事ほど午前中に回すことをオススメします。失敗をすると、どうしてもネガティブな考えになってしまうので、極力避けたいものですね。

■仕事をする場所を意識する

インスピレーションを必要とするクリエイティブな仕事は北側の静かな部屋、人とコミュニケーションを必要とする仕事は南側の日の当たる部屋にすると良い、と言われています。 静かな場所は人間の想像力を掻き立てるため、アイデアがほしい時にはひとり静かな場所に篭って瞑想するのが一番です。逆に明るい場所は自然とテンションが上り、クライアントと打ち合わせをする場所にもってこい。仕事の内容に合った環境を意識して、仕事運の気流に乗りましょう!

■身なりを整える

見た目の印象はとても大切。いつも同じ服を着ていたり、髪の毛やヒゲがボサボサでは、良い印象を得ることはできません。特にクライアントと合う前には、鏡を見て身だしなみをチェックしましょう。 身だしなみは、社会人として最低限のマナーですが、知らず知らずのうちに運を引き寄せ、思ってもみなかった評価を得ることにもつながります。「人に好かれる」ということは運気を上げることに直結するのです。

■希望することを口に出してみる

コミュニケーションを取っていても、口に出さないと伝わらないことは多々あります。だからこそ、自分の希望ははっきり言葉にして伝えていきましょう。日頃から希望を伝えていると、ふとした時にその希望を思い出してくれる人が必ず出てきてくれます。

■何事もチャンスと捉える

多くの他人が組織をなすのが「会社」。必ずウマが合わない人がいるものです。「どうして分かってくれないのか」「イライラする!」と負の感情に支配されることもあるかもしれませんね。しかし、それをチャンスと捉えてみましょう。「こんな考え方もあるんだ」と勉強になるかもしれませんし、「こんな風にはならないようにしよう」と反面教師になるかもしれません。他人の考え方を受け入れることで、あなたの考え方の幅も広がります。そして、その他大勢の人よりも一歩高みに上がることができるのです。

2-4.健康運

健康運をアップさせるための基本は、きちんとした生活を送ること。当たり前ですが、早寝早起きを心掛けてください。 早寝早起きが健康に良いということは、医学的にも証明されています。

  • 夜遅くまで起きていると血圧やコレステロール値に負担をかけ、心臓への危険性が高まります。予防には充分な睡眠が必要
  • 寝ている間は心身共に休息をしている状態。つまりストレスが軽減され、様々な病気の予防に役立ちます
  • 時間を守って食事・睡眠をとると、新陳代謝が良くなります
  • 夜、光に照らされ続けることで、ガン発生の危険を避ける物質であるメラトニンのレベルが減少してしまいます
  • 7時間以上の睡眠をとることでエネルギーが蓄えられます。翌日を元気に乗り切ることができます
  • 午後10時から午前2時に睡眠をとることで、成長ホルモンが多く分泌され、肌に良い影響を与えてくれます

上記は主な効果。他にも、早寝早起きをすることで健康に良い影響が多々あるのです。 早寝早起きをするのは、人間の体のリズム的にももちろん良いことなのですが、風水的にも良いこととされています。

風水の世界では、23時以降は「水」の運気。人の体のほとんどは水分で占められているため、水の運気である23時~5時に睡眠を取ることで、体の自然治癒力を高めて毒素を抜いてくれるそう。

逆に「火」の運気である11時~13時の間には、外に出て積極的に太陽の光を浴びましょう。「火」の運気を体に浴びせることで、体の中にある「陰」の運気を浄化させることができます。

こう見ても分かる通り、早めに寝て早めに起きて活動するという基本的な生活リズムを取ることが、医学的にも、風水的にも、健康運をアップさせるためには有効なのです。

3.運を呼び寄せるために今日から心がけたい6つのこと

運が良いという人たちは、知らず知らずのうちに多様な習慣を持っているようです。さらに運を呼び寄せるために、彼らがやっている習慣を取り入れてみては? どれもこれもすぐに出来るものばかりなので、ぜひ今日から試してみてくださいね。

3-1.一日一日を楽しむ

良い運気は、元気な人のところにやってきます。そのために大切なのが好奇心。様々なことに興味を持って、毎日をワクワクと過ごしてみましょう。人生を楽しくチャンスは、色んな所に落ちています。また、「頑張ること」と「休むこと」のメリハリを意識してつけていきましょう。

3-2.他人のために全力で何かする

最近、人のためにチカラを貸していますか? 人のために尽くすという行為は、あなたに幸運を運んでくれます。誰かのためにサービス精神を発揮していれば、逆にあなたが困ったときに周りが窮地から救ってくれるようになるはず。見返りを求めるのではなく、誠意を尽くして誰かのために動いてみましょう。

3-3.周りの人を大切にする

どんな人にも丁寧に接することで、幸運に恵まれます。「一期一会」の精神で接することがポイントです。自分がして欲しいと思うことを、周りの人にしてみるのも良いかもしれません。まずは身近な人から大切にしてみましょう。

3-4.何事も柔軟に考えてみる

物事を柔軟に考えられれば自身の考え方も幅が広がり、チャンスも広がります。そのためには、他人を尊重するようにしましょう。人を尊重すれば、相手も一生懸命になってくれ、いずれは自分へと返ってくるものです。

3-5.いつも目標を持っている

先述したとおり、運が良い人は諦めずに努力を続ける人でもあります。夢や目標を捨てずに日々過ごしている人は、不運を幸運に変えるチカラを持っていると言っても過言ではありません。また、目標があれば苦難も乗り越えられますし、苦労もいとわなくなるでしょう。常に前進し続けることが、良い運気をもたらしてくれます。

3-6.何でもとにかくやってみる

思いついたことはすぐ行動に移してみましょう。ためらいは不要です。ためらうから後悔が生まれ、失敗する恐怖があるから行動できなくなるのです。そして、思いついたことをどうにか成功させようと努力をすることで、運を切り開くことができます。

4.運を良くして人生を好転させる方法

運を良くする方法を取り入れて、気持ちがポジティブになったら、そのまま人生を思い通りに変えていきたいですよね。

運は自分の行動と共に、どんどん良さがアップしていきます。

すると、自動的に夢や目標が叶ったりしますよ。

実際に、私(著者)も

  • 運がいい!
  • ツイてる!

と言って夢を叶えました。

私もいろいろな方法を試す中で、この運のあげ方にはコツがあることを発見しました。

その運のあげ方の具体的な方法を、私が実際の経験で効果があったものだけを94ページにもわたるマニュアルとして書き留めました。

無料ですので、運を上げて夢を叶えたい方はぜひお受け取りください。

5.オススメの本

世の中には、「運を上げる方法」と銘打った書籍が多々発売されています。運を上げるために日々の努力は書かせませんが、書籍を参考にしてみるのも良いかもしれません。

そこで、「運を良くする方法」について書かれたオススメの本をご紹介したいと思います。

『運の教科書:「うまくいく人」はこう考える』  著者:斎藤孝

「運」とは一体なんだろう、その正体を知って行動を変えることで運はコントロールできる、といった内容の本です。情報番組「あさチャン!」に出演されていた斎藤孝氏による著書で、分かりやすく解説されており、非常に読みやすい内容となっています。

『さあ、運を引き寄せる達人になろう!幸せになる魔法のレシピ』  著者:石田順子

元・日本航空CAである石田順子さんは、運の引き寄せナビゲーターとして多くの女性から支持されています。女性らしく読みやすい文章で、運を引き寄せるための行動について書かれている本です。「読むと心が軽くなる」とのレビューも多く、あらゆることに悩んでいる人にオススメです。

『ザ・シークレット』  著者:ロンダ・バーン/翻訳:山川紘矢

少々発売年数が古いのですが、道端ジェシカさんが読んでいると言って話題になった本です。内容は「引き寄せの法則」について書かれた書籍。秘密=引き寄せの法則のことです。「お金の秘密」、「人間関係の秘密」、「健康の秘密」、「この世界の秘密」、「あなたの秘密」、「人生の秘密」と各章に分けて、詳しく書かれています。他の2冊に比べやや難しい内容ですので、じっくり少しずつ読み進めたい本です。

6.まとめ

漠然とした「運」というものに対して、少し認識が変わった方もいらっしゃるのではないでしょうか。「運」とは、不可抗力なものではなく、自分の考え方・行動・努力次第でコントロールできるものなのです。

「運が悪い、もうダメだ」と考える前にとにかく行動してみましょう! ほとんどのことが、お金がかからないものです。やってみても損はありません。

そして本文の中でもご紹介したとおり、行動しなければ運が上がることもありません。 1ヶ月、半年、1年…と続けていくうちに、思考も行動も「運が良い人」と同じようなものになっていくはずです。ぜひ、自分のチカラで幸運を掴みとってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket