どうやったら高いモチベーションを維持できるのか?

自分も高いモチベーションを維持できれば夢が叶うはずなのに。

なのになぜか維持することができない。 そんな風にお悩みかもしれませんね。

でも、例えば本当に好きなことをやっているときに、あなたは「モチベーションを維持しなくては」と考えることがありますか?

 「モチベーションを維持しよう」そう思っている時点で、いま置かれている状況はあなたにとって望ましい形ではないのかもしれません。

例えば好きな本を読んだり、旅行の計画を立てたり、好きなことをやっているときにはモチベーションのことなど一切頭にないはずです。

では実際に、どうすれば頭であれこれ考えることなく高いモチベーションを維持できるのか。ここで紹介しますので参考にしてください。

目次




もくじ

1.そもそも「モチベーション」とは何か?
2.モチベーションを維持する好きなことの見つけ方
3.モチベーションを維持する方法
4.モチベーションが下がったときの対処法
5.モチベーションが維持できると生じる3つのメリット
6.モチベーションが維持できないと生じる3つのデメリット
7.モチベーションを維持している人の共通点とは?
8.オススメの本
9.まとめ

1.そもそも「モチベーション」とは何か?

モチベーションは一般的に「意欲(やる気)」や「動機づけ」といった意味で使われています。

例えば、ある人が「仕事を頑張りたい」という意欲を持っているとしましょう。

その意欲の源になる

  • お金がもらえるから
  • 自由になれるから
  • 女性にモテるから

といった動機づけこそが、まさにモチベーションということになります。

このモチベーションという言葉は、ビジネス・スポーツ・カウンセリングの分野で多く用いられている表現です。

会社の社長であれば「現場のモチベーション(=やる気)を上げることが、経営者としての使命です」、試合前のスポーツ選手であれば「モチベーション(=試合へ望む意欲)は高まっている」という風に使われる場合があります。

何事を始めるにしても、それを継続し続けるにしても、モチベーションは必要不可欠なのです。

2.モチベーションを維持する好きなことの見つけ方

何かを好きな気持ちや楽しい気持ちは非常に大きなモチベーションになります。本当に小さなことでも構わないので、まずは好きなことを見つけていきましょう。

あなたが好きなことに取り組んでいるとき、「モチベーションを維持するには?」なんて考えていませんよね?

2-1.好きなことを紙に書き出してみる

まずは思いついた好きなことを50個でも100個でも構わないので、とにかく紙に書いてみてください。

その際、

  • これまでの経験で楽しかったこと
  • これまでに時間・お金・エネルギーを注いで取り組んだこと
  • 人にやってあげて喜ばれたこと

などを含めるのが理想です。 文字にして書き出すことにより、整理され再確認できます。

そして、そこから実現が難しそうなものを排除していき、自分の本当に好きなことを徐々に絞り込んでいくのです。

2-2.色んなものに目を向け、触れてみる

日頃生活していると、様々なものに接する機会があるはずです。

誰だって会社や学校に行ったり、テレビを見たり、スマートフォンをいじったり、友達と遊んだり、家事をしたりしますよね。

まずは、その中で楽しめそうなものは楽しんでみてください。

もちろん、無理に楽しむ必要はありません。「どうせ楽しくないだろう」と思っているものが、やってみると意外と楽しかったりするものです。

思い込みや先入観は捨てて、自分の行動や身の回りにある出来事に積極的にどんどん触れていきましょう。

2-3.楽しいと思ったことをやり続ける

好きなことを見つけるうえで最も重要なのは、何かに興味を持ち、それを楽しいと感じたら、ある程度続けてみることです。

何かに興味を持つことは誰にでもできますが、それを実行し継続するというのは本当に好きなことでなければできません。少しでも楽しいと感じたものであれば、多少辛くても粘り強く続けてみてください。

そうすることで、本当に好きなどうかが見えてくるはずです。

3.モチベーションを維持する方法

好きで始めた仕事や、愛する家族のための家事・育児といった局面において、どうしてもやらなくてはならないノルマは多いですよね。

そんなノルマをクリアするには、明確なビジョンとプラン作りが大切です。

3-1.ビジョンを描く

目標を達成するには、自分の感情にスイッチを入れてくれるようなワクワクする明るい未来像(ビジョン)を描く必要があります。

ビジョンがないと具体的な行動に移せないばかりか、モチベーションを維持するのが困難となります。

ビジョンを描く際のヒントとして、アファメーションがあります。アファメーションとは、自分自身に対して肯定的な宣言をし続けることによって潜在意識に働きかけ、願望を実現させる手法です。

例えば、病気の人が「私は毎日良くなり続けている」と繰り返し宣言することで潜在意識の考え方が変わり、その影響で実際に治ることも。

自分の望むポジティブな未来像と現在の状況を比べることで、2つのイメージの食い違いを正そうというモチベーションが生まれるのです。

ミュージシャン・スポーツ選手・政治家・経営者…、アファメーションで夢を実現したり成功した著名人はたくさんいます。

アファメーションを使って成功した著名人

  • ビートルズ「ぼくは天才だ」「世界中の王様や大統領からサインを求められるんだ」
  • 矢沢英吉「おれは天才だ、おれは最高だ、おれはスーパースターだ」
  • 松坂大輔「甲子園に出て、プロに入って100億円選手になる」
  • 本田圭佑「ぼくは大人になったら世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる」
  • 菅直人「おれは天下を取る。政権交代をする」
  • 本田宗一郎(ホンダ創業者)「世界一の企業になる」
  • 柳井正(ユニクロ会長兼社長)「売り上げ日本一にする」「世界一にする」

3-2.プランを立てる

どんなことでも達成するためには、具体的な目標を設定することと実際にどう行動に移すかを明確にするアクションプランを作ることが大切です。

その際、プランは期間とレベルに応じて

  • 短期(難易度:低)
  • 中期(難易度:中)
  • 長期(難易度:高)

の3つに分けることをオススメします。 理由は1つの目標を達成した後に燃え尽き症候群になるのを防ぎ、モチベーションの寿命を伸ばすためです。

短期目標の積み上げが、中期目標や長期目標の達成に繋がるように意識して設定すると良いでしょう。 ちなみに、設定した目標を絶対に達成できるという過度な期待を自分にかけてはいけません。

というのも、プラン通りに事が進まず、目標が達成できないと自分が嫌になり、モチベーションは下がる一方になってしまうからです。

「自分の好きなことをやっている状態」をキープするのが、モチベーションを維持する上で重要なのです。

4.モチベーションが下がったときの対処法

どんな人でもモチベーションが下がることはあります。

しかし、そうなったときの対処法を知っている人はあまり多くないのが現状です。ここでは下がったモチベーションを向上させる方法について解説していきます。

4-1.原因を特定する

どんなことにおいても言えることですが、何か困難にぶち当ったときは、その原因を究明して解決する作業が必要になってきます。

つまり、モチベーションが下がったしまったときは、まず何故下がったのか、そしてどうすれば回復できるのかを考えないといけないわけです。

モチベーションが下がる原因はいくつもありますが、大きく分けると

  • 目標が明確になっていない
  • 自信がない
  • 疲れている

の3点になります。

4-2.やりたいこと、やるべきことを明確にする

今一度、自分のやりたいことや、やるべきことを明確にしましょう。

そこを明確にすることで、成功への情熱や成功したときに得られる利益・恩恵をイメージしやすくなり、イメージできればモチベーションも自然と湧いてきます。

目標・目的が明確化すると、それを絶対に達成させたいという気持ちが高まり、躊躇なく行動に移せるようになるのです。

4-3.生活にポジティブなものを取り入れる

モチベーションが下がったときには、あなたが気に入っていてポジティブな影響を受けることができるものの中に身を置くようにしてください。

例えば、心をポジティブにしてくれる本を読み、ポジティブなメッセージを伝える音楽を聴き、ポジティブな気分にさせてくれる映画を観る、という具合にあなたの生活にポジティブなものを取り入れるのです。

ポジティブなものに触れることで心が豊かになり、モチベーションを取り戻すことができます。

4-4.考え方や意識を変えてみる

仕事においてもプライベートにおいても、やりたくないことがあったとき、それを嫌だ嫌だと逃げているだけでは環境は何一つ変わりません。

それならば、思い切って自分の考え方や意識を少し変えてみてはどうでしょうか。

ポジティブに

  • どんなことでも自己成長の糧となる
  • 例え失敗してもいいじゃないか

といった考え方をするだけで、モチベーションがグンと上がる場合があります。

「モチベーションなんて維持できない」というネガティブな考え方は今すぐに捨てて、ポジティブな考え方に切り替えましょう。

4-5.向上心のある人たちと触れ合う

人は自らが置かれた環境に無意識のうちに適合する能力を持っています。

そのため、ポジティブで向上心の高い人たちに囲まれる機会を増やすことがモチベーションアップの一助となります。

会議でもパーティーでもイベントでもコミュニティでも何でも構いませんので、積極的に参加してそのような人たちと触れ合うようにしましょう。

モチベーションの上げ方として、環境を変化させることは即効性があり、とても効率的な方法と言えます。

5.モチベーションが維持できると生じる3つのメリット

モチベーションを常に高く維持することができれば、実に多くのメリットを手に入れることができます。

ここでは、その一部を紹介します。

5-1.自分に自信がつき、周りから一目置かれる

モチベーションを維持することで自信が生まれます。

自分自身に対して自信があれば、何でもバリバリこなせるようになり、そんなあなたの様子を周囲の人たちが見て、良い評価を与える→また自信がつく→さらに良い評価を与える…といった好循環を手に入れることができます。

5-2.経済的に余裕ができる

維持するモチベーションの高さに応じて、収入のアップが見込めます。

例えば、仕事で他人よりも良い結果を出したり、抱える責任が増えていったりすると、会社はさらに多くの給料をあなたに支払う=収入が増えていくという図式です。

あなたが高いモチベーションを持って仕事に打ち込み、成果を上げることで、自ずと収入も上っていき経済的に余裕が生まれるのです。

5-3.時間を有効活用できる

モチベーションが維持されていれば、落ち込む回数は自然と減っていき、精神的な強さを手に入ることができます。

また、それと同時に悩みに費やす不毛な時間を有効活用できるようにもなるのです。例えば、これまで1日に5分間落ち込んでいたとすると、一ヶ月で150分、年間にして30時間も落ち込むことに費やしていた計算になります。

その時間があれば、何か新しいことにチャレンジし、自分を成長させることができますよね。

6.モチベーションが維持できないと生じる3つのデメリット

モチベーションを維持できないことで生じるデメリットも存在します。これを知っておくことで、大きな損失を回避することができます。

6-1.いつまでも現状が変わらない

どんなに完璧な理想像を描いたとしても、行動を起こさなければ絵に描いた餅でしかありません。

目の前にある課題を着実にこなしていかない限り、思い描いたビジョンが実現されることはないのです。

要するに、モチベーションを維持できなければ現状は何一つ変わらないということ。

現状を変えたいのであれば、失敗を恐れず行動あるのみです。

6-2.得たい結果が手に入らない

  • 自分が本当に好きな仕事をしたい
  • 今は会社員だけれど将来は独立したい
  • 結婚してマイホームを建てたい
  • 老後はリゾート地で暮らしたい

これら思い描いた理想は、モチベーションを高く維持できなければ手に入れることができません。

もし高いモチベーションを維持できないようであれば、もしかしたら、自分は心のそこからこれからを欲しいとは思っていないのかもしません。

6-3.言い訳上手になる

モチベーションを維持できない人ほど、何をやっても続かないことが多く、自分や他人に対しての言い訳が上手になっていきます。

何かと理由を見つけ、行動しないことを正当化しようとする人は、その典型と言えるでしょう。

言い訳ばかりしていると人から信用されなくなる→人から信用されない自分を信用できなくなる→最終的に自信がみるみる失われる→さらに言い訳がましくなる…という悪循環に陥ります。

7.モチベーションを維持している人の共通点とは?

モチベーションを維持している人の多くが守っている4つの習慣があります。どれもモチベーション維持には欠かせない要素ですので、是非とも身につけたいところです。

7-1.人間関係を絶えず良好に保つ

モチベーションを下げる原因の1つに、人間関係でのトラブルがあります。

モチベーションを維持している人は、職場の人間だけでなく、家族や恋人、友人との関係も円滑に保っています。

どのような理由であれ、人間関係がこじれてしまった場合は早めの関係改善に努めましょう。

7-2.物事を自分のペースで考える

モチベーションを維持できている人は、あまり周りのことを気にしない傾向があります。

それはなぜかというと、自分のことにこれでもかと集中しているからです。

モチベーションを維持したいなら、誰かと比較したり他人の物差しで自分を測ったりするのではなく、自分のペースで物事を考えるようにしましょう。

7-3.休みの取り方が上手い

オンとオフのメリハリがはっきりしており、休みの取り方が上手なところもモチベーションを維持できている人に共通しています。

効率的に休みを取り、頭と体をリフレッシュすることは、モチベーションを高めるのに役立ちます。

サッカー界で有名なキング・カズこと三浦知良さんは、毎日厳しいトレーニングを行うことで知られていますが、モチベーション維持のために家族とゆっくり過ごす時間をしっかりと作り、気分をリフレッシュしているそうです。

あなたが今、心身ともに疲れ切っていて何をするにも集中力が持たないという状態であれば、早急に休みの取り方を見直してください。

7-4.何事も継続している

自分で決めたことを継続させることは自信に繋がり、それをコツコツこなすことで小さな達成感が得られます。

この小さな達成感こそ、モチベーションを維持する原動力となるのです。モチベーションを維持できている人は、目標達成のために毎日の努力を欠かしません。

「継続は力なり」という言葉がありますが、成功者は皆それを長期に渡り実践し、社会的な地位や名誉、財産を手に入れたのです。

8.オススメの本

ここではモチベーションの維持を手助けしてくれる書籍を厳選して紹介します。読み進めるにつれて、あなたのモチベーションに対する考え方や、モチベーション維持への取り組み方が変わるはずです。

『一流の人に学ぶ自分の磨き方』 著者:スティーブ・シーボルド

物事を成し遂げている姿を鮮明に描けば、誰でも成功へと邁進することができるという内容。「一流の人」と「二流の人」の考え方や行動が記されており、その違いがわかりやすくまとめられています。

なりたい自分を再度イメージでき、人生や仕事において「やらねば!」と奮起させられる1冊です。

『スタンフォードの自分を変える教室』 著者:ケリー・マクゴニガル

名門スタンフォード大学の心理学者であるケリー・マクゴニガルによる世界的大ベストセラー。

セルフコントロールやモチベーション、先延ばし、困難を克服し健全な習慣を作る方法に焦点を当てています。人の意志力について、精神論ではなく極めて科学的に分析されており、とても説得力があります。

ユーモアたっぷりの文体で繰り返し読みたくなる、そんな書籍です。

『やる気のスイッチ!』 著者:山崎拓巳

経営者やスポーツ選手、アーティストなどから20年かけて数多くのモチベーションアップ術を学び取ってきた山崎拓巳氏が、「特に効果があったやり方と考え方」だけをまとめた本。

「自分のやりたいことに自信が持てない」「これからの自分の人生をどうしようか決め悩んでいる」という人にオススメです。自分に合うと感じたやる気のスイッチを試してみましょう。

9.まとめ

ここで挙げた方法を実践すれば、生まれつき意志が強いとか弱いとかに関係なく、以前よりも容易にモチベーションを維持できるようになります。

しかし、それで対策は万全かと言えばそうではありません。人の価値観が無限であるように、人のモチベーションは千差万別。それを維持する方法も無数にあり、正解は1つだけとは限らないのです。

自らに最も適したモチベーション維持の方法は、自らが考えて探し出すことが重要です。今回、あなたがモチベーションを維持する方法を調べた段階で、問題解決の一歩手前まできています。

自分に合った方法をいち早く見つけ、それを習慣にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket