厳密にいうと、
学歴コンプレックスではなくて、

『受験のときに頑張れなかったコンプレックス』といった方が正しいですが。




きっと、いつまでも学歴コンプレックスはまとわりつく

何かを頑張ろうと思ったときに、

勉強となると、

やはり頑張れた経験というのがものを言う。

だから、頑張ろうとしたときに、

『受験で成功した経験』がとても心の支えになるというのは否めない。

となると、
この時期に頑張れなかったという記憶は、

大きな大きな足かせになってしまうのだということも否めない。

僕も、なぜ頑張らなかったのだろうかと、
後悔したこともある。

いや、
後悔するのがいやで、
向き合わなかったという方がもっと正しいかもしれない。

学歴コンプレックスと向き合うとき、僕は自分に謝った

けれど、

次なる成長をするために、
僕は、このコンプレックスと向き合った。

そしてその時、
僕は自分に謝った。

「あの時、頑張らなくてごめん。」

頑張らなかった理由はたくさんある。

  • 一生懸命頑張ることなんて格好悪いと思っていた。
  • 必死になるなんてダサいと思っていた。
  • スカした感じがいいと思っていた。
  • 辛いことから逃げた。
  • 自分と本当の意味で向き合えなかった。
  • プライドが邪魔をした。

挙げればきりがない。

そんな全てに対して、
僕は謝った。

謝るからには、理由が必要だ。

そして、反省の言葉とともに、次にどうするのかという約束も必要になる。

だから、自分にこう言った。

「もう、頑張らないということはしない。

たった一度頑張らなかったという経験だけで、
その後数年呪縛のようになるのは嫌だから。

だから、死ぬほど努力する。
辛くても頑張る。
頑張らないということをしない。

二度と、こんなみじめな思いをさせない。

だから、許してほしい」と。

そして、自分に許してもらおうとした。

今は、かなり許せていると思う。

だから、もうコンプレックスはない。

自分自身を許してあげれば、コンプレックスは消える

頑張れないコンプレックスというのは、

結局は、

自分の行いに対して、

自分自身が許せていないんだと思う。

確かに、自分に納得がいかななったことや、

当時の自分ではどうにもならなかったこと、

どうしようも変えられない過去というのは、あると思う。

けれども、

それに対して、

今の自分が許してあげないと、
きっと振り切って頑張ることはできないと思う。

だから、
しっかり反省して、

そして、ちゃんと改善策も伝えて、

今後は絶対にしないことを伝えて、

許してもらえるようにしよう。

きっとその言葉には責任が生まれて、
二度と、自分に対して間違えたことはしなくなるはずだ。

まずは許してもらう。

ここから、次をスタートさせよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket