今年やること

ここ数日はホテルにこもって
ずっと勉強をしていました。

煮詰まった時はホテルのプールに入って気分転換して、食事も全部ホテル内で済ませていたので、外に出ていなかったです。

でも日本にいた時のように、檻に閉じ込められているような感覚は不思議と生まれないので、わりかし解放的気分で勉強出来ていました。

いる人がリゾートだから、そんな空気を無意識に感じているのかもです。

さて、勉強の内容ですが、
英語と投資(投機)の2つに絞っています。

今年は、この2つの勉強だけに特化しようと考えています。

今までマーケティングや心理学、
webやセールスライティングに頼って来ましたが、個人で稼ごうと考えた時に行き着いた先が、英語と投資(投機も含みますが、面倒なので投資とします)でした。

なぜこの2つなのか、
お話します。

なぜ投資と英語の2つなのか

シンプルに伝えると

世の中を大きく支配しているものは何か?

この一言に集約されました。

その時、「言語」と「お金」であることに気づいたのです。

今まで僕は、金融業は虚業だと思っていた節がありました。

概ね起業家というのは、何か世の中に新しいものを提供したいという思いが強く、それが目に見える形となるところに喜びを覚えている気がします。

なので、僕も物販という事業に携わってきました。

しかし、世の中をもっと大局的に見ると、金融無くして、成長はないと気づいてしまいました。

お金はもっとも大きな世界共通言語

投資というと、マネーゲームと言って軽蔑する人もいるようですが、マネーとは、世界最大の共通言語です。

言語というと語弊があるかもしれませんが、もっともストレートに物事が伝わります。

僕も、言語が全く通じない国に行った時、一番安心させてくれたものがお金でした。

それを食べたい。
いくらだ。

言葉になっていなくても、
お金があるとやっていけます。

だから、お金の本質と、世界規模で見るお金の流れや、それを動かしている要素を知らないということは、お金を稼ぐ条件が整っていないと考えました。

知れば知るほど、お金にはルールがあります。
そのルールを捉えてこそ、次があると考えています。

英語はあくまでツール

そこに英語というのは、基軸言語なので、金融界で使われている、もしくは先進諸国で使われる共通言語なので、全く使えないとお話になりませんね。

近い将来、同時通訳システムが出来るかもしれませんが、ちょっと待っていられないので、平行していくことにしました。

ただ勘違いしてはいけないのが、日本にいて英語の勉強をしても、それだけで道が開けることはほぼないので、ツールとしての言語だということは忘れてはいけませんね。

ということで、
ずっと勉強をしているといった具合です。

やはり海外に来て、
環境を整えたことは正解でした。

しがらみが全くなく、
やりたい事に集中出来ます。

今のところ、
戦略にミスなしといった感じです。

まだホテル暮らしなので、
来週あたりから家を探して、生活インフラを整えていきます。

IMG_6414 IMG_6415

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket