先日のセミナーにお越しいただいた方が、
僕の講義を聞いて、
ご自分なりに解釈をし、
メルマガ風にまとめてくださいましたので、ご共有いたします。

みなさんも、
それぞれの解釈があると思いますが、
先日のセミナーは抽象的な度合いを高めていますので、
各人が置かれている状況によって、
具体化する間に、情報の変化をもたらすと思います。

そうしながら、
抽象と具体の間を行き来するクセをつけてください。

それが思考回路をより良いものとする訓練となります。

お越しいただけなかった方も、
こちらの文章を見ていただいて、
どんな話をしたのか、想像してください。

多くの気づきがあると思います。

ーーーーーー

件名:ビジネスの本質を理解する次元の高い思考ツールとは?

ビジネスを軌道にのせることが
できない人に圧倒的に欠けているもの
ってなんだと思いますか?

「アイデア?」

「情熱?」

「思考力?」

はい、すべて正解です。

ただ、これらすべてを包摂できる
概念があるんですよね。

それは、

「多角的な視点」

をもつことです。

ビジネスに限らず、
なにか達成したい目標がある場合、
「多角的な視点」をもつことは必須です。

・自分
・お客さん
・市場
・ライバル会社
・経済
・社会
・技術
・政治
・世界情勢
・日本人の考え方
・日本人の感情パターン
・日本人の精神性
・大衆心理
・78:22の法則

といった具合に、
マクロ、ミクロ情報を
あらゆる視点で観察すれば、
解決策は見つかります。

ここまで考え抜くことができれば、
まず負けることはないですね!

なぜなら、こんなに深い部分まで
考えてビジネスをしている人は
ごく一部の人だけだからです。

でも、いきなりこんなに
たくさんのこと考えるのは大変ですし、
どうやって視点をずらしていけばいいか
わかりづらいですよね。

なので、今回はとても使える
3つの思考ツールについて
お伝えしていきたいと思います。

この3つの思考ツールを
使いこなすことができれば
あらゆる視点で物事を俯瞰して
思考をすることができるようになり、

・問題解決能力

・抽象思考能力

・学習能力

といった脳のグレードを
一気に高めることができます。

かな〜〜〜〜り大切なお話なので、
最後まで集中して読みすすめてください。

では、スタートしていきます。

思考ツールとして使う指標は、
「次元」です。

「3次元思考」

「4次元思考」

「5次元思考」

といった3つの視点に分けて俯瞰することで、
先ほど分けたようなカテゴリーをすべて
包摂していきます。

では、1つずつ解説していきます。

■「3次元思考」

「3次元」は一番認識しやすいですね。

簡単にいってしまえば、
今まさに目の前で起きていることや
日々繰り返している日常生活が「3次元」です。

で、

実は世界の8割の人たちは
「3次元」思考しかできていないんです。

常に目で見えているものだけに
集中し、信頼し、行動をしています。

とくに、欲望や強い刺激に反応するのも
「3次元思考」の特徴です。

この次元の中心的な存在は自分なので、
欲の強い人は自分目線でしか
物事を思考できません。

もしくは、相手のことまでは
考えることができるかもしれませんが、
目の前のことにしか集中できないので、

過去や未来のことまで思考が回らず、
感情的になってしまう場合が多いですね。

なので、「3次元思考」では
問題ばかり起きて解決策が見つからない・・・
といった現象が起こります。

思考を「3次元」よりも大きく
飛躍させることができないんです。

しかし、

この問題は「4次元思考」の視点を
手に入れると解決することができます。

■「4次元思考」

「4次元」は「3次元」に
時間軸が加わった次元です。

つまり、過去、現在、未来を
俯瞰しながら思考できる次元ですね。

この領域になることによって、
中長期的な視点を手にすることができます。

経営者や個人事業主といった方たちは
この次元の思考ができないと話になりません。

ビジネスをどのような方向性で運営し、
どうやって成長させていくのか・・・

こういった戦略的な思考をするには、
「4次元思考」が必須なのです。

「4次元思考」になると、

・自分
・相手
・市場
・ライバル会社
・経済
・社会
・技術
・政治
・世界情勢

といった視点で思考を
することができます。

もちろん、この視点は
ビジネスに限らず、
人生全般に応用が可能ですよね。

おわかりだと思いますが、
この次元での思考ができる人と
できない人では思考するときの
世界が全く違うんです。

このあたりを理解しておかないと、
思考の幅を広げるのがなかなか難しいかもしれません。

そして、もしあなたが
「3次元思考」だとしたら、
いますぐ「4次元思考」の
トレーニングをしてください。

なぜなら、「3次元思考」の人は、
「4次元思考」の人にコントロール
される人生を歩む可能性が高いからです。

だってそうでしょ?

過去と未来の思考ができないということは、
ビジョンや理念を描けないということですから。

ビジョンのない人は、
ビジョンのある人に
ついていくしか道がないんです。

まあ、実際にはビジョンを描けないような
仕組みが社会を支配しているんですけどね。

こういった思考の罠からいち早く抜け出し、
自分の未来を創造できる次元の思考を
手に入れることはかなり重要です。

思考の次元を上げることができれば、

・人の数

・時間軸

この2つを拡大させ、
より高い視点でものを見ることができます。

抽象度を上げることができれば、
より多くの人たちが関わる
長期的なプロジェクトの戦略を
立てることができるのです。

その結果「3次元思考」の人は
思考をすべてデザインされてしまいます。

このデザインされた世界に刺激を
与えることで経済効果が生じ、
富裕層にお金が流れ、
大衆のお金は減っていくんです。

簡単にいってしまえば、
これが資本主義社会の仕組みです。

漫画「NARUTO」でマダラが仕掛ける
“無限月読”という幻術に
かかっているという感じです。

(マニアックですみません。。)

この幻術から目を覚まさない限り、
人間は夢を見続け、
盲目に時の支配者に
コントロールされ続けるわけです。

世の中のお金持ちの人たちは、
この仕組みをうま〜く使っているんですね。

ただし、「4次元思考」には
弱点があります。

それは、次の「5次元思考」で
解説していきましょう。

■「5次元思考」

「4次元思考」の弱点とは
いったいなんなのか・・・

わかりますか?

それはですね、、、

利益追求型のビジネスに
なってしまいやすいというです。

これ、いいように思えますが、
悪い点を含んでいるんです。

なぜなら、お金に対する欲が強くなり、
奪うという思考が先んじてしまう
可能性があるからです。

お金を稼ぐことにだけ
脳内ホルモンのドーパミンが
異常に反応してしまうんですよ。

でも、これは普通のことなんです。
日本は資本主義社会ですから。

資本主義社会は、
「お金を稼いだ人が偉い!」という
教義を信仰する宗教みたいなものなので、
しょうがないんですよ。

ただし、これを自覚していればの話です。

「4次元思考」の視点である程度の
成功を収めた人というのは、
その成功体験をもとに行動をします。

その結果、いかに稼ぐかということに対して
ドーパミンがドピュドピュと脳内で放出され続けます。

ただ、これが行き過ぎると暴走がはじまり、
人から奪うような行動をし始める可能性があるんです。

ポッと出て成功したと思ったら
消えてしまう起業家や、
宝くじで1億 円当たった人が破滅の道に
進んでしまうのはこの影響が強いです。

そして、この暴走を抑制する唯一の方法が、
「5次元思考」なんです。

「5次元思考」というのは、
この世界の真理をもとに考える視点です。

とはいっても、宗教の話を
しているわけではないですよ。

・日本人の考え方
・日本人の感情パターン
・日本人の精神性
・大衆心理
・78:22の法則

といった本質を追求した
自分なりの考え方や哲学を
もっておく必要があるってことです。

ビジネスを始めるときの
理念なんかもこれと同じ要素ですね。

そのほかにも、

「自由とはなにか?」

「成功とはなにか?」

「お金とはなにか?」

「人間とはなにか?」

「大衆とはなにか?」

「愛とはなにか?」

「信条とはなにか?」

「感謝とはなにか?」

「ビジネスとはなにか?」

「価値とはなにか?」

といった抽象度の高い概念について
自分がどのような定義をしているのか。

これによって、
あなたの行動が変わります。

多くの人は、
これらの言葉の定義を
あやふやにしているので、
混乱します。

その結果、「4次元思考」で
破滅の道に進む人が多いんです。

「自分の美学が大事だ!」

という話を聞いたことがあると思いますが、
実は、こういった言葉の定義がされた
自分なりの世界観がないと、
どこかで絶対に詰まるんです。

進む道がわからなくなり、
なにが幸せなのか見えなくなります。

そして、ゴールを見失った人間は路頭に迷い、
自ら自分を地獄に落とすような行動を起こします。

エルビスプレスリーが
何億円も稼いでいるのに、
満たされずに薬漬けに
なってしまったのもこれが原因です。

自分で定義できていないんです。
本当の幸せや成功を。

これ、簡単なように聞こえるかもしれませんが、
かな〜〜〜〜〜り重要な話です。

では、ここであなたに1つ質問です。

「あなたにとって、成功とはなんですか?」

もし、ここで

「お金を稼ぐことです!!!」

と、答えたのなら結構まずいです。

なぜなら、本質が見えていないからです。

多くの人は、自分の本質的な悩みを
お金がないという問題に転換しているだけなんです。

大切なことはお金を手にすることによって、
あなたがどんな未来を実現したいのか、
本当の目的はなんなんのか?

もっと深く自分と対話して、
本当に自分が求めていることを見出す
トレーニングをした方がいいです。

なんどもその考え方が
正しいのか検証する必要があります。

もし、実践しても結果が出なかったとしたら、
それは間違いであると気付けますので。

「78:22の法則」にも共通しますが、
本質というものは、
1人の研究者がなんども
仮説と検証を繰り返したことによって
研究開発した概念です。

ここには、
「宇宙の真理」が存在しています。

少し壮大なお話に聞こえるかもしれませんが、
それだけの破壊力がある概念なんです。

そして、「5次元思考」には
ある特徴があります。

それは、同じように仮説と検証を繰り返し、
1つのことを追求した人にしか
理解することができないという点です。

「楽して稼ごう!」的な思考で
物事を考えていては、
決してたどり着けない、
使うことができない思考ツールなんです。

天才と謳われた、

“レオナルドダ・ヴィンチ”
“アルベルト・アインシュタイン”
“ガリレオ・ガリレイ”
“ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ”
“ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト”

彼らは共通して1つのことに没頭し、
その世界の第一人者として名を残しています。

彼らのような意識状態まで自分を高め、
1つのことを徹底的に突き詰めることでしか、
「5次元思考」は手に入らないのです。

しかし、もしあなたが
「5次元思考」まで
たどり着くことができれば、

『本質を見極めながら
 大きなお金を稼ぐことができる』

ようになるでしょう。

毎日大切な人に囲まれながら
幸せなライフスタイルをおくることができます。

そこまでの次元に行くことができれば、
物事を多面的に見るという視点だけではなく、

ある意味、業界を支配できる
神の視点を手に入れることができるのです。

「5次元思考」をトレーニングするには、
抽象度の高い概念を自分なりに解釈、
定義していくというのも1つの手ですが、
《シンボル》を読み解くというのもおすすめです。

《シンボル》というのは、
企業のロゴや、漢字、
秘密結社の《シンボル》、
古代文明の象形文字などです。

《シンボル》にはさまざまな意味が込められており、
なぜそのような構成になっているのかを
紐解くだけでも抽象思考のトレーニングになります。

日本の偉人たちが作ってきた
歴史や文化の背景を紐解いて、
裏側にある真理を読み解くのも
いいトレーニングになりますね。

こういったトレーニングをすると、
日本や世界の裏事情なんかも
見えてくるので面白いですよ。

都市伝説好きには
おすすめの方法です。笑

と、ここまでの3つの思考ツール
についてお話していきましたが、
いかがでしたでしょうか。

参考になりましたか?

「多面的な視点をもて!!!」

と言われても、
理解することができない人の大半は
思考の抽象度に原因があります。

富士山の山頂から下を一望できても、
登山中は登頂の様子が全く見えないように、
思考の抽象度を上げないと認識不能なんです。

ある意味、

「あの人のオーラを見ろ!!!」

と、いきなり超人的な能力を
開発しろといっているようなものです。

そんなの無理ですよね。笑

なので、思考の次元を上げる
トレーニングをすることによって、
認識できる範囲を広げていきましょう。

こういった意識をすることで、
あなたの知性と感性が磨き、

・問題解決能力

・抽象思考能力

・学習能力

この3つの能力を飛躍的に向上させてください。

日本は意図的に抽象度の高い思考が
できないような教育がされているので、
わかりづらいと思われた方が
いるかもしれません。

でも、そう思われたのなら、
ぜひともトレーニングをしていただきたいです。

自分で稼ぐ力を身につけるには、
必ずもっておいてほしい能力なので。

これからの時代の変革に備え、
自分で稼ぐ力を身につけていきましょう!

ーーーここまでーーー

さらに気づきについても教えてくれました。

ーーーセミナージプシーになってしまうのは、なにが原因なのか・・・ーーー

僕の考えとしては、
自分本位な考え方に
陥っているからだと思います。

植草さんがセミナーで
お話されていたように、
現代社会は刺激に満ちており、
欲求不満な人間が大量生産
されていると思うのです。

その結果、

・怖れと不安
・今すぐ欲しい
・非難と被害者意識
・絶望
・バランスの欠如
・利己主義
・理解されたいという渇望
・対立と相違
・私的停滞感

という葛藤が内側で生じ、
自分のなかで抱えきることができず、
一時的な解決策としてセミナーに
参加していると思うのです。

ある意味、強烈な刺激を受けすぎて、
感覚が麻痺している売春婦のような
欲求不満な方が多いのかと。

でも、その多くがただの現実逃避であり、
実際に自分の頭で考えて行動することに
恐怖心をいだいていると思います。

コーチング言語でいうところの
エフィカシーが低いという状態に陥り、

「自分にはできないのでは…」

「話のレベルが高すぎる …」

「私もあんな風になれたらいいな…」

実際、僕もまだ自分に対して
自信を持てていないので、
ここは解決すべき課題になっています。

「違和感を感じていたら、
 夢は絶対に叶わない。」

という植草さん言葉の真意は、
この自己評価にあり、
今回その解決策として、

価値基準の定義が必要なんだ
ということが理解できたので、
かなり大きな収穫でした!

自分の価値基準をしっかりと
定義できていないから、
日本の経済ルールである
資本主義の価値基準を
採用して行動をしてしまう。

そして、多くの国民は
この事実を知らない・・・

とくに団塊世代ジュニアは
この社会こそがすべてであり、
価値基準の重要性すら
認識することができない・・・

これは怖いことですよね。

無神論と唯物論をベースにした
拝金主義の世界観にハマっていては、
お金から自由になろうと行動を
変えたところで違和感が
生じるに決まっているので。

このあたりの本質的な部分を
わかりやすく解説してくれる人が
いままでいませんでした。

今回参加させていただいたセミナーでは、
そのすべてが統合された感覚になり、
とても助かりました。

おそらく、資本主義、宗教、日本といった
枠組みの図を使って解説していただいたので、
右脳で理解できたんだと思います。

右脳に対してはシンボル、
左脳に対しては独自の理論で
メッセージを展開されるスタイル
参考にさせていただきます。

また、このようにメールで
コミュニケーションをする
機会をいただいたことで、
私の自己成長にもつながったと思います。

人間が変わるには、
自分の考えを仮説、検討しながら、
対話していくしかないと思っていますので。

・自己との対話
・パートナーとの対話
・アドバイザーとの対話
・メンターとの対話

こういったさまざまな対話を通して、
自分とは異なる価値観や知識を咀嚼し、
定義していくものだと思います。

正直なところ、私自身、
今後どのような進路をとっていくのか
かなり悩んでいたのですが、
そんななか、植草さんの情報に触れたことで、
目が覚めたような感覚です。

なぜなら、

本質的な知識に触れ、
抽象度の高い哲学思考を身につけることで、
次元を超えたレベルのビジネス構築ができること。

価値基準の定義をすることによって、
自分の選択基準で行動し、
幸せと安らぎのある人生を実現すること。

この2つの答えを導き出すことができたからです。

また、システム思考という考え方も、
1つの抽象的なシンボルをもとにして
ゴールを導いていく思考ツールとして、
使わせていただきます。

僕は感性で感じ取ったものを
理性で整理しながら学習していくので、
植草さんのセミナーはインプットしやすく、
とてもわかりやすかったです。

答えのないものを自分の頭で考え、
追求していく思考力によって
知性が磨かれていくこと、

そして、磨かれた知性を使い、
感性で捉えた抽象的な概念を
表現していく力が必要なんだと
深く腑に落ちました。

今後は、セミナーでの学びに基づき、
自分自身に磨きをかけ、
植草さんのコンサルを受けることができる
レベルまで自分を昇華させていきます。

素晴らしいメールをいただき、本当に嬉しく思いました。

一回のセミナーから多くの情報を受け取り、
さらに復習によって解釈を深める。

こうすることによって、
血となり肉となります。

僕がいつも伝える
『正解はない、けれど、正解はある』

これの意味を考えながら、
みなさんも、情報を深めていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket