情報を遮断することの有効性

情報を遮断して1か月が経とうとしているが、
早くもその効果を強く感じている。

その3つは以下である

  • 圧倒的な自信が沸いてくる
  • 自分の頭で考えるクセがつく
  • 時間ができる

これらについて見ていこう。




圧倒的な自信が沸いてくる

これは、近日の僕のコラムを見ていただくとわかると思う。

僕は、自分自身で自信がある方だと思っていたが、
ずっと、そう思ってきたのは偽りだったんだと気づいた。

本当の自信とは、こういうことを言うんだという感覚をつかんでいる。

例えば、これは情報遮断をしなければ
一生気づくことができなかったと思うと恐ろしい。

なぜなら、自分自身で自信があると思っていた以上、
自信を持てと言われても、すでに持ち合わせていると思って
これ以上の成長はなかっただろうから。

さらに、僕の場合、ほかの人には自信家に映っていたらしく、
いつも自信満々ですね、と言われていたので、
これが自信だと思っていた。

これはものすごく大きな成長である。

とてもうれしい発見だ。

自分の頭で考えるクセがつく

限られた優良な情報というのは、
答えを教えてくれるものではない。

一般流通しにくい、高度の情報には、
世間に流通しているような明確な答えは教えてくれない。

なぜなら、高レベルの人同士で
お互いの探り合い、駆け引きをしながら
今もなお現在進行形で情報戦争をしている最中だからだ。

なので、真実の情報から、
あとは自分の知識と照らし合わせて自分の頭で仮説を立てる必要がある。

この情報を自分のものとして
勝てる情報に変えるには、
自分の仮説検証力を高めて、戦えるようにしていかなければいけない。

答えがないから
考える。

この高スパイラルに乗れることも素晴らしい効果だ。

そして、一番大きなメリットは

時間ができる

これに尽きる。

どういうことかというと、
目標達成のための情報しか頭になくなってくるので、
結局そのことを考える時間が大量にとれているということである。

僕たちは、自動思考といって、
外界と接触していると
様々な事象にアタマを支配されて、自動思考によって、
無駄なことを死ぬほど考えさせられている。

生産性のないこと

これが自分の人生において、
いかに多かったか。

この1か月はそれに思い知らされた。

今気づけて幸せだ。

こうして、情報を遮断することによるメリットは
あまりにも大きいことに気づいた。

情報の取捨選択。

成功するための、必須事項であると言い切れる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket