英語が話せなくても海外に行こう

前回「一人で海外に行こう」というお話をしましたが、
しゃべれないから不安でいけない。

という方がいらっしゃるようでした。

「英語を勉強してから・・・」

こんな内容もありましたが、
結論から言うと、

英語を話せるようにと言いながら人生が終わってしまう

これが日本人の特徴です。

英語はあくまでツールであり、
目的ではないので、そこにこだわっていると、
本当に夢が遠のく一方です。

海外移住した僕も
英語、全然できません。

おそらく、中学2年生レベルくらいです。

世界各国、結構英語は適当

けれど、
世界に出てみるとわかりますが、
結構みんな適当な英語を使っていて、
単語をつなぎ合わせているだけなところもたくさんあります。

人生の目的が
「海外のエリートに混じって超一流企業ではたらくことです」
という方なら別ですが(←これじゃ悲しい!)

別に単語がわかれば
ビジネス成り立ちます。

僕も美容商材を作っていた時は
中国に赴いて、工場の人と時にバチバチ、時に和気あいあいとやっていましたが、
単語でgood!とかNo!とかいって進めてました。

語学力より気持ち

要は何が言いたいかというと、
「とりあえず気持ちだけ持って行こう!」

ということです。

好意がありますよ、
話したいですよ、
伝えたいですよ、

こんな気持ちがあれば、
ほとんどの日本人なら(義務教育をギリギリでも終えていれば)
大丈夫だ!ということです。

どうしようかと考えるより先に
行ってみたらいい。

もちろん
相手が何言ってるかわからないし、
自分の伝えたいことも伝わらなかったりするけど、
最初はそれでOKだと思います。

例えば、
途上国だとぼったくられることもあるのですが、
最悪
「なんで、それおかしいでしょ!ボッてるでしょ!」って
日本語、伝わります(笑)

面白いもので、
言葉はわからなくても伝わるんですね。

そんな風にしているうちに、
英語がちょっとだけわかるようになったり、
ボキャブラリーが増えたりします。

現地調達という考えが重要

思うに、
全てのことに言えるのですが、
あれもこれも持って行こうとしすぎなんだと思います。

持ち物は

・単語帳
・パスポート
・クレジットカード

以上!!

あとは現地調達くらいでちょうどいい。

英語の語学力なんて、現地調達する最たるものな気がします。

日本は結構好かれていたり、尊敬されていたりするので
(一部違う国もありますが)
日本人っていうだけで、世界にでると結構アドバンテージだなと思ったりします。

ちなみに、日本のパスポートの信頼性はめっちゃ高いことを
実感しますよ。

世界には、その所有しているパスポートでは
入国拒否というところはいくらでもあるので。

そんなこんなの面白さも
海外に出たらわかるようになります。

こういったものも、
一緒に海外にいく人が英語が堪能だったりすると
その人に甘えるので、全然英語も気合いも上達しません。

なので、一人海外なんですね。

考える前に行く。

ぜひ、海外に足を伸ばしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket