何かのスランプであったり
トラブルであったり

新しく何かを始めようと思うけど
どうやっていいかわからないとき

一人で「うーん、うーん」考えていても
なかなか前に進めないことがある

そんなとき
僕が試した中で一番効果があったやり方が

新しい人にあって
ざっくばらんに話してみること

例えば起業であれば
すごい経営者なんかに会う必要はなくて

適当でいいから普段会わない人に会って
こういうことしたいって話してみるといい

スランプのときも
別にうまくいっている人じゃなくて

全然違う業界の人とかと会って話してみるといい

そうすることで
新しい刺激になって

自分の中で新しい”思考回路”ができることがあるし
もしかしたら知り合いを紹介してもらえるかもしれないし

ただ単に気がまぎれるかもしれない

けれど
そのサイクルが
いい流れを作ってくれることは間違いない

人はコミュニティの中でしか生きれないとはよく言ったもので
もしかしたら脳は誰かの脳とリンクしないと
不完全なのかもしれないと思うほどだ

不完全な思考回路では
不完全な答えしかでない

その時最適な答えは
誰かの脳とリンクして
ネットワークをつくることで
初めて導き出されるものなのかもしれない

そういえば
ハーバード大学の論文で発表された
成功している人の条件は
コミュニティをうまく形成できる人だったってことを思い出した

僕は実験として
自分一人で人との繋がりを断ち切って誘惑をなくそうとしたこともあったけど

結論いろいろな人と
利害を気にしない関係を築いていったほうが
なぜか自分のビジネスもうまくいくし
いつの間にかスランプ脱出していたりすることが分かったから

今は積極的に人に会うようにしている

もし、なにか前に進みたいと思っているようなら
まずは人に会いにいくことだ

起業でも転職でも恋人づくりでも
なんでも新しいネットワーク構築から
勝手に生まれるものだ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket