僕がなぜ成功したかったかというと、
もちろん、お金が欲しかったからだ。

僕は、時計や車が大好きで、
もちろんいい家に住みたいというのもあったし、
ブランド好きなので、
服とかもいちいち高い。

レストランだって、おしゃれなところに行きたかった。

だから、
最初に少しばかりのお金が手に入ったときは
これらに結構お金を使った。

250万円以上する時計を買ったり、
1か月で飲み代に100万円以上使ったり、
高級レストランで食事をしたり、
一等地に引っ越したり。

それで分かったことだが、
こういう使い方をしていると、
本当のお金持ちにはなれないということだ。




圧倒的成功のためのお金の使い方

お金持ちになるには、
元手が必要になる。

事業投資も、
為替や不動産投資も
元手がないと始まらない。

しかも、元手は多ければ多いほど
成功の可能性が高まる。

そうなると、
高級なものにお金を使ってしまっていては、
お金がなくなってしまうから、
勝負したいときに、大きな勝負が出来なくなってしまう。

目の前に
千載一遇のチャンスがあったとして、

「お金がないからできない!」

こんな風になってしまっては、
せっかくお金持ちになれるチャンスを
みすみす逃してしまうようなものだ。

だから、
僕はもうこういったものにお金を使うことをやめようと思う。

なぜなら、
圧倒的なお金持ちになると決めたからだ。

だから、
ずば抜けるまで、高級なものを避けようと決意した。

5万円のシャツも、
10万円とかするジーンズも、
20万円以上するコートも、買わない。

ユニクロをはじめとした
ファストファッションを選択することにする。

一般人が成功するには、お金は極端に使ってこそ真価を発揮する

ただし、
なんでもかんでも使わないということではない。

いいものに触れているから
最高のサービスや商品のクオリティが分かるというのは事実だ。

だから、極端になることにした。

超わかりやすく言うと、

吉野家の牛丼なのか
1回5万の食事なのか

というようなイメージである。

もちろん、
ここぞというときには、
その時までにある資本をフルスイングで投入していく。

こうして極端になることで、

自分のレベルを上げつつも、
お金にレバレッジがかかるようにしていくということだ。

僕は、
この極端なお金の使い方というところに
成功のポイントがあるとにらんだ。

これは、普通の人がお金持ちになるための方法として
かなり確度の高いものであると確信している。

フランクミューラー

フランクミューラー アルマーニホテルドバイ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket