少し目を閉じて
目の前に箱をイメージしてみる

その箱の中には
あなたが普段”やらなければいけないと思っていること”を
詰め込んでみる

・朝早く起きなくてはいけない
・ダイエットのため炭水化物は食べてはいけない
・筋トレしたりランニングしなければいけない
・将来のため毎日勉強しなければいけない

人によっては

・好きでもない仕事をしなければいけない
・外用、仕事用の顔を作って演じなけばいけない

こんな人もたくさんいるでしょう

こんなしなけばいけないことを
箱に詰めていきましょう

もやっとしたものをイメージする人もいるでしょうし
粘土のようにドカッとしたものをイメージする人もいるでしょう

これはなんでもかまいません

そして出来上がった箱が
潜在的に感じている
あなたの”心の負荷”になります

あなたは毎日この重りを持って
歩いたり、場合によっては走ったりしています

そんな姿も想像してみてください

箱が重ければ重いほど
移動するのは大変でしょう

手が疲れる人
足が疲れる人
移動するのが嫌になって立ち止まる人
さらにその場に座り込んでしまう人

想像の世界で
あなたはとても疲れてしまっているかもしれません

しかし
多くの人はこのような状況の中で

・なんとか行動しなければいけない
・なんとか頑張らないといけない

そんな風に思って
毎日を過ごしています

このような状況では
頑張ることはできないというのは
今していただいたイメージの世界で
十分理解していただけたはずです

けれど
現実世界では

・自分はできない
・そんなに頑張れない

などとなってしまっている人が多数います

まずは
自分の箱に入れた中身を放り出してください

・ぽいっと捨てるイメージでなくすのもいいですし
・箱を逆さまにしてじゃじゃじゃーっと捨ててしまってもいいでしょう

自分が捨てやすいイメージで捨てればよいのです

なんなら箱ごと捨ててしまっても良いと思います

そして
身軽になった自分を感じてみてください

・痩せなくてもいい
・勉強しなくてもいい
・仕事なんかできなくてもいい
・人に好かれたり、尊敬されたりしなくてもいい

そうやって捨ててしまうと
心がとても軽くなると思います

すると
今まで”重り”になっていた”しなけばいけない”ことが
突然できたりします

逆の現象が起こるというわけです

純粋な気持ちで物事に取り組めるようになったりします

もちろん
逆の現象が起きなくてもかまいません

あなたの重りになっていることは
そんな重要なことではないと感じるかもしれません

いずれにせよ
重りを抱えたままでは

思ったような行動は取れないということです

重りを投げ捨ててみてください

とてもスッキリした気持ちになると思いますよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket