『自分は出来る!』
こういう風にポジティブに考えなさい、というのが
世の風潮だろう。

しかし、この風潮によって、自己嫌悪に陥ってしまい
本来の力を発揮できていない人がとても多いと言われたら
ドキッとしないだろうか?




「自分には出来る」が自分を傷つける

自分には出来るというのは
一見すると、とてもいい言葉のように思える。

ただ、この言葉は諸刃の剣を持ち、
時として自分を大きく傷つけてしまう。

『自分は出来る=できない自分は受け入れられない』

この状態になったときに、
自分を責めてしまうからである。

優秀だった人ほど自己嫌悪に陥りやすい

この傾向は、過去人生において、優秀だった経験がある人ほど陥りやすい。

「あなたなら出来るよ」と育てられ、
かつ、なんらかの実績(学校や試験での成績や部活動での活躍など)
がある人の場合、出来ることが当然だと思っている。

それが、時の流れによって

『肥大化した自尊心』

になってしまっているのだ。

簡単に言うと、

『自分はまわりと比べて特別』

こういうことである。

実はこれ、特別だった時は高い効果を発揮している。

  • 成績がTOPレベルだった
  • サッカーや野球でジュニア選抜に選ばれていた

こんな時は、特別だという思いが後押しし、
頑張りを助長してくれる。

しかし、人生は特別な時ばかりではない。

なんらかの影響で

「特別なTOP集団から外れてしまった時」

これが特に恐い。

特別でなくなってしまった瞬間から悪夢が始まっている

特別でいれない現実があるのに、
特別だと思う自尊心は変わることがないからである。

すると、

その後の人生において、

全部において「自分は特別だからなんだって出来るはずだ」という思いと

現実における「全然できない」がうまく調和できずに

「こんなはずじゃない」

というものになってしまうのだ。

多かれ少なかれ、

ほとんどの人に経験があることだと思う。

向上心は悪いことではないし、

自尊心も悪いことではない。

しかし、現実は「なんでも出来る」自分は作ってくれない。

一度こうなってしまうと、心を病んでしまったり、

人のことを認められない人になってしまったり

するようになってしまうこともある。

もし当てはまるなら0スタートを切って欲しい

こういう過去から乗り越えて

また輝きのある自分を取り戻したい人は、

0(ゼロ)スタートを切るといい。

0スタートとは

  • できなくて当然
  • 負けて当たり前

こんな感じで、すべてにリセットをかけてしまうことだ。

一生懸命頑張ってきた人には
この考えは負けているように感じてしまうかもしれない。

しかし、
やってみるととても効果が高いことがわかる。

そもそも、できなくて当然なのだから、

行動することが怖くなくなる。

行動は全ての結果の根元だから、
0スタートは効果が抜群なのだ。

多くの人は努力している。

けれど、結果がついてこなくて辛い思いをしているのも知っている。

だからこそ、このリセットによって

自分を責めるのをやめ、

新しい0の自分を認めて行って欲しいのだ。

今は先頭を走る人が遠く感じるかもしれない。

しかし、

0スタートでも追いつくことはできる。

走り始めれば、途中で加速できる。

そのことを信じて、0スタートを切って欲しい。

さぁ、新しい自分を始めよう。

※メインイメージ画像は開発前のさら地です。ここから数年で世界に名だたる都市が完成していきます。
今さら地かどうかは関係ありません。
こうした都市開発のように、ここから、素晴らしい自分を作っていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket