ストイックさに勝る成功方法なし

結局、結果を出したければ
ストイックになる他ない。

ストイックが一番だ。

ノウハウも
テクニックも
ストイックを前に、
無価値だ。




世の中にはびこるノウハウというまやかし

世の中には、
結果を出すためのノウハウは億万とあり、
テクニックも億万とある。

億万は∞と近い。

さぁ、
あなたのまわりを見渡してみてほしい。

facebookの投稿しかり、
電車の中吊り広告しかり、

「テクニックを教えます」だらけだ。

一流の雑談力という本がamazonで上半期売上NO1だそうだ。

なんだ?雑談力って。

雑談力が上がったところで、
あなたには1円も入ってこない。

年収も上がったりはしない。

あげなきゃいけないのは、
自分で稼いでいく実力だけだ。

あなたが売るべき商品やサービスの価値レベルだけであり、
あなたというキャラを特化させるための力だ。

僕もサラリーマン時代には
こういった本を何百冊と読んだ。

今残っているのは何か?

何もない。

思い出せるフレーズはあるか?

何もない。

こんなのはまやかしであり、
あなたを育ててくれる知識にはならない。

こういったノウハウは
作ろうと思えば

億万と作れる。

ストイック=結果

では結果を残している人はどんな人か?

それは、
ストイックさを追求できた人間だ。

朝に、昼に、夕に、晩に、

友達と遊ばず、

テレビを見ず、

必要以上にスマホに触らず、

自分を鍛える。

コピーライターになりたいなら、
朝から晩までずっと文章を書き、

マーケティングを極めたいなら、
目指す人が何をしているのかずっと観察し、

お金持ちになりたいなら、
お金持ちがどのようにお金持ちになったのか研究し、

自分の頭で考え、
自分で動き体験する。

必要なものには惜しみなくお金を使い、
不必要なものには一切のお金を使わない。

この徹底さだけが、
成功へ導く。

この数日の海外リサーチは、
僕にこういう徹底の大切さを教えてくれた。

日本にいると、
このストイックさの追求を忘れてしまう。

比較して、そういう環境だということに気づいた。

だから、昨日僕は
目を瞑り、耳を塞ぐコラムを書いた。

日本にもどってきて
通常生活に戻るわけだが、
圧倒的なストイックさを身に着けることに集中しようと思う。

ノウハウも
テクニックも
ストイックを前に、
無価値だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket