今日は思いをお金に変える方法について共有したいと思います。

きっと、みなさんの中にも
独立して自由にお金を稼ぎたい方はいるでしょう。

毎日、

  • 独立したらいろいろな方の役にたちたいな
  • 自分で稼いで美味しいものを食べに行こう
  • もっと能力を伸ばして、自己成長して理想の自分になりたい

こんな風に熱い思いに日々ワクワクしているでしょう。

これは、すでに成功している人も、
これから成功を目指す方も

全く同じだと僕は考えています。

ですから、
思いというものは誰もが持っているわけですね。

この思いの強さは人それぞれですが、

とは言っても、今、まだ成功していない方が
思いが少ないとは僕は感じていません。

では、何が成功している人と違うのか、

それは、

「思いをお金に変える方法を知っているかどうか?」

ということに尽きると考えます。




サービスの価格を伝える

例えば、コンサルタントでもカウンセラーでも
美容師でも整体師でも、デザイナーでもなんでもいいのですが、

成功している人は
しっかりと自分に価値を感じて、価値を金銭に置き換えているので、

どこに言っても、紹介をするときに、

自分がサービスをしたら〇〇円ですよ。

と伝えているわけです。

僭越ですが、僕も

「個別のコンサルティングをしたら1時間15万円ですよ。」

と必ずお伝えしています。

それは、特別なことではなくて、

「こんにちは、元気ですか?」

といった挨拶と同じくらいナチュラルに
自然な自分の言葉として出てくるワード
なのです。

成功している人はこれが非常にうまくて、

「あの人からサービスを受けたらこのくらいの値段だろうな」というのが

自然に思い浮かべられるようになっているわけです。

ですから、その価値を感じない時には連絡しませんし、
その価値を感じた時には、ではその先に進めましょうと言った具合に
ナチュラルに物事が進むということです。

僕は、過去の仕事柄、タレントや美容師、整体師などパーソナルを売り物にしてきている
人にもたくさん会って来ていますが、
売れている人ほど、自分の仕事に対するプライドや愛着心を持っているので、
無料でサービスを提供することはしません。

例えば、
カリスマ美容師に
「友達なんだから無料でカットしてよ!」

なんていうのは、失礼極まりないことですよね。

それと一緒です。

買ってください、を伝えよう

けれど、
まだまだ成功していない人は

例えば
あなたにカウンセリングをお願いするといくらですか?

と質問しても、
「まだ決まっていないです」という答えになってしまったり、

「私にカウンセリングを依頼すると〇〇円ですよ」

ということを伝えることができなかったりしてしまいます。

お金を請求したらそれまでの関係性が壊れてしまったり
嫌われるんじゃないか?

という思いが強いのです。

しかし、
もしそれで壊れてしまうような関係でしたら、
早かれ遅かれ、その関係は長続きしません。

なぜなら、どちらから無理をする関係になってしまうからです。

しかも、全てを無料で手に入れようとする人とは
付き合っていてもしかたありません。

全てのサービスは、
あなたがたくさんの苦労や努力をして手に入れたものですよね?

それを無料で手に入れて、
自分は楽して美味しい思いをしようと思っている人がいたとしたら、

そういった人とは一緒にいない方がよいです。

それは、あなたに対して失礼ですし、
あなたに何かメリットを提供してもくれません。

よい人間関係は必ずギブアンドテイクです。

その嫌な人間関係の断捨離をするだけでも
あなたの心はスッキリとして、
より技術やサービスの向上に専念させてくれるはずです。

あなたが考えることは
しっかりと自分が適用できるサービスにお金という測りで決めた値段をつけて、
その値段に見合うサービスクオリティを高めるということだけです。

値段以上の価値を提供する。
そのために、だれも持っていない価値を自分につける。

それだけでいいわけです。

とてもシンプルですね。

相手のメリットをしっかり伝えよう

余談になりますが、価値は相手が欲しいと思ったり、
相手にとってメリットは何かを一生懸命考えて伝えないといけませんよ。

実は、この大阪の会のメールをしたとき、
とある人から、

「うちの新店を紹介してください。
もし紹介してもらえるなら、オープンの日を早めます」

という主旨の連絡がきました。

さて、この内容、僕のメリットはどこにあるでしょう?笑

どこにも僕のメリットはないわけです。
これでは、僕は動きたいと思いませんし、
僕だけでなく、だれも動いてくれませんね。

実はこういったミスは
世の中のいたるところで起こっています。

価値は相手にとってのものということも
しっかり覚えて、
「相手のメリットはなんだろう?」と
しっかり書き出してくださいね。

相手のメリットを
10個、あらかじめ書き出しておくのもいいでしょう!

思いをお金に変える方法

話を戻して、思いをお金に変える方法は、

とても簡単に言えば、
「金額は〇〇円です」という言葉を
しっかりと相手の目を見ていうところからスタートしてるわけです。

お金をもらうことに後ろめたさがある時は、
自分が提供しているサービスを見直してください。

その中で、どこにも負けないサービスを提供しているのなら、
自信を持ってその値段を伝えてください。

きっと素晴らしい未来のお客さんが待っていますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket