• 広告・情報に騙された
  • 〇〇は信頼できる情報だと思いますか?

僕のところには、こんな相談がくる。

なので、広告に騙されない方法を、
web情報を扱うプロである僕がまとめてみた。

一応僕もこれら情報を駆使して、月に1000万円以上を稼いでいたので、
信頼度のレベルはかなり高いと思う。
(僕のコミュニティにいらっしゃる方は、僕が本音でお伝えしている事が
かなり誠実であることはご理解いただけていると思う。)




広告によって騙されてしまう原因

さて、広告によって
なぜ我々は騙されてしまうのか?という原因から探っていこう。

ただし、その前に、

一つ理解しておいて欲しいのは、
「広告は全て無駄というわけではない」
というところだ。

広告がなければ、私たちは深い情報を手に入れるきっかけを逃してしまう。

全ての広告を排除しているだけでは、
大きな成功はありえない。

広告に触れたくないのであれば、
パプラニューギニアでも、
ニューカレドニアでも、
広告のないところにいればいい。

資本主義としての完成度が高く
大国と呼ばれるところこそ
広告が多いのだから、
最初から排除する行為は自ら経済成功を逃しているものである。

さて、
これらを理解した上で、
なぜ広告に騙されてしまうのかというところに入っていこう。

広告に騙されてしまう理由は、

あなたが短期的、短絡的な成功に飛びついてしまう精神状態だから

この一言につきる。

瞬時に成功したいという気持ちが
広告の格好の餌食となっているのだ。

ここで、深呼吸をして
振り返って見て欲しい。

・一瞬で儲かった自分を想像してしまう
・瞬時に今の借金から逃れた自分を想像してしまう

こんなことはないだろうか?

これが騙される一番の原因だ。

広告は必然的に煽らなければいけない作り手の事情がある

広告を作る側は、
この「瞬時に結果がでる」
というところを上手くついて、私たちを煽ってくる。

僕も一時期は広告をたくさん作っていたのでよくわかかる。

丁寧で、本当に真実を伝えた広告は”伝わらない”」のだ。

いわゆる、
反応のとれない広告になる、ということである。

それぞれの企業は
いかに上手く煽ることができるかを考えているわけであり、
それは、
大きな意味では、詐欺集団とも同じフィールドで戦っているということである。

意味がわかるだろうか?

まっとうな企業は、

薬事や消費者庁などの規制がかかり、
表現できないことが多い。

詐欺集団はこういったものに対して、
時にシカトをして告知してくる。

けれども、
見込客に対してのアプローチは
同じ市場で行わなければならない。

ダイエットも
儲かる系(情報だけでなく、証券や不動産投資も含む)も

同じフィールドで戦っているのだ。

だから、
キャッチフレーズが魅力的に、誇大的になるのは
ある意味しかたがない。

誠実な会社が、控えめに、謙虚に広告を作っていたら、
見込客は、
全て詐欺集団の手に落ちるだろう

ということは、
私たち消費者ひとりひとりが、
この広告を見分ける力をつけなければいけなく、

僕はそのために、
情報を出してきていると思っている。

私たち消費者が情報を見抜く力をつけることが大切

だから、
僕が最初にプレゼントしているPDFも無料の動画(NEXTSTAGE)も
有料のコンテンツ(NEWWORLD)も

有料な情報を見抜き、
有益な部分を自分の力としていただくための
実力をつけてもらうものだと位置付けをしているのだ。

だから、僕への質問で、
「この案件は信頼できるものですか?」
と質問してはいけない。

それは、僕が伝えたい本質が伝わっていないことになってしまう。

とはいえ、
情報に慣れていない人は、
不安になることだらけだという気持ちもわかる。

なので、ステップとして、
情報を見分ける方法をお伝えする。

以下にしたがって、
情報を見分ける力をつけて欲しい。

情報を見分ける力をつけるための8ステップ

1、広告を受け取ったら、さっと見て「自分に興味があるか」確認する
2、少しでも興味があれば、内容をよく読み”無料であれば登録などしてみる”
3、無料で届く情報や商品のレベルを確認する
4、1つだけでは相対的にいいものか、悪いものか理解できないから、いくつか登録して試してみる
(引越しなどの見積もりも1社でなく複数社で見積もって、サービスや値段を確認すると思うが
それと同じである)
5、メリットだけでなく、デメリットもしっかり説明してくれているか確認する
6、違和感があるようなら、ここで退会や解除をする
7、成功への道はいつでもあると考え、焦らない
8、何度もそれを繰り返す

これだけでよい。

本当に最後までいいと思うのであればチャレンジしたらいいし、
それによって仮に失敗したり、
騙されたりしてしまっても、
それは自分がまだそのレベルだったからと諦めるしかない。

一発で成功はありえなく、
情報を見抜く力でさえ、「瞬時に」身につくものではありえない。

力を身につけ、成功するための思考法

よく

「情報や商品に騙された!詐欺だ!」

と騒いでいる人がいるが、それはかっこ悪い。

上手くいっている人からすると、自分が無能だと騒いでいるのと
一緒だと感じるからだ。

成功する人の考えは

騙されてしまった。けれど、それは自分に弱い心(美味い話に踊らされる心)があったからだ。
だから、次は騙されないように、しっかりと勉強して知識をつけて、さらには努力する力もつけてまたチャレンジしよう

である。

一度失敗したことを糧にして、
次に失敗しないようにするだけである。

僕も、本でいえば1000冊以上読んできたし、
情報の世界で、溢れるほどの情報に触れてきたので、

表も裏も見て、やっと理解できたわけである。

金額にしたら数百万円なんてくだらない額だし、
正直いくら使ったかも、何時間費やしたかもわからない。

けれど、それのおかげで、
どう向き合ったらいいかが理解できているわけである。

今は時代的に「無料」で情報や商品に触れることができるわけだから、
どんどんチャレンジしたらいい。

もちろん、一度情報に触れると
買ってしまう確率が高まるから企業は無料で提供するわけだが、
そこは、「断るものは断る」という自分の力をつけるという
別の力が求められるということだろう。

  • 誰かや
  • 何かを

盲信してはいけない。

最終的に信じるのは”自分が作り上げた自分の価値観”だけである。

そのために、
日々の生活を
「実力作り」に費やして欲しい。

僕はみなさんを応援しているし、できる限りのサポートをしていこうと思っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket