会社の冠を一切つかわずに、
自分の力で月10万円。

僕も、そこからスタートした。




大きな目標とスタート目標

大きな目標を持つのは素晴らしい。
けれど、いきなり大きな目標を持っても、
現実は、一気に目標達成というのは難しい。

だったら、月10万円、自分の力で獲得したらいいじゃないかと思う。

起業したいと思った時、
先輩経営者から
「まずは月30万円の粗利を自分の力で獲得せよ」
とアドバイスをいただいた。

別に20万円だって、25万円だって構わない。
これは、自分が生活できるだけのお金ということだ。

その日から、僕はちょっとでもつながりがある会社に
いろいろと相談に当たった。

10万円×3社
5万円×6社・・・

形はどうであれ、なんとか月30万円を目指した。

最初月10万円の案件が取れた時は、
とても嬉しかった。

それが、15万円、20万円と膨らんでいった。

アドバイスをくれた先輩経営者に
なんども報告に行った。

そして、あるとき、ご褒美に案件をもらった。

「まずは月30万円の粗利を自分の力で獲得せよ」
これは、月30万円を稼ぐ過程の中で、
いけそうならどんどん起業しゃちゃえよ。

そう背中を押してくれていたことに気がついた。

死なないなら、やってみればいい

結局、起業や経営のことは、
自分の力でやってみないとわからない。

いつまでも計画を練っていても、
どんなに本を読み漁っても、
やってみないと何も進まない。

二の足を踏んでいた僕のことを見かねて、
きっとこの先輩経営者は
はやく動けよというのを、優しく指導してくれたに違いなかった。

その方のおかげで、
僕は経営者としての道を歩み始めることができた。

その後、
月1300万円まで稼いだのは、ご報告している通りだ。

けれど、
最初の10万円、
そして30万円を稼ぐというステップがなければ、
こういう経験はできなかった。

この後
月60万円の壁
月100万円の壁
月300万円の壁
こういったものがあるが、
それは、みなさんがこの壁にぶち当たった時に
お話をしたいと思う。

スタートがあるから成功がある

僕は、
この数日、「NEWWORLD」へのご招待で、
かなりレベルの高いことを伝えてきた。

あえて、強い口調で、強い言葉で、
狩り立てさせていただいた。

中には尻込みしてしまった人もいるだろう。

・本質を知ることによっていくら稼げるのか?
・今の自分にふさわしい情報だろうか?

けれど、
これから成功していく人にこそ知っておいて欲しい内容だ。

なぜなら、
今一緒の時期にスタートする人に間違いなく差をつけることができるからだ。

さらに、スタート後の加速度、
より上流の人と会話しても、一目置かれる力も身につく。

上流の人と付き合えるメリットをお話していなかったと思うが、
簡単に言うと、『単価が上がる』ということである。

同じweb制作をしても、
小さな会社では50万円も出せない。

しかし、上場企業などと仕事をすると、
500万、ものによっては1000万、余裕で承認が通る。

すべての人にスタートを切って欲しい。

リミットは迫っている。

着実にスタートを切っている人がいる。

NEWWORLDでお待ちしています。
http://rules-of-success.jp/newworld/

ドバイ:ブルジュ・カリファ前より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket